【奈良】ツバメ数万羽「ねぐら入り」旅立ち前に夕空覆う 奈良市の平城宮跡[08/27]©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1のっぺらー ★ 転載ダメ©2ch.net2017/08/27(日) 16:07:12.75ID:CAP_USER
南への旅立ちを前に、ツバメ数万羽が夕空を覆う「ねぐら入り」が、
奈良市の平城宮跡でピークを迎えた。

古都に集まる渡り鳥の姿が、季節の移ろいを告げている。

大極殿の南西、2メートルほどのヨシが茂る湿地の上空。
生駒山に夕日が落ちる頃、至る所からツバメが集まってくる。
刻々と数を増した群れは黒い渦のような乱舞を見せ、宵闇が迫ると次々にヨシに降り立った。

桜前線とともに日本に飛来したツバメは、
秋になると長旅に備えるため、列島各地の中継地で栄養を蓄えながら南下する。
平城宮跡に広がるヨシ原は、全国有数のツバメのねぐらとして知られており、
日本野鳥の会奈良支部によると、今月中旬時点で約6万羽を観測したという。

休耕田や湿地が土地開発などで失われる中、平城宮跡に集まるツバメの数は年々、増加している。
「単なる空き地に見えても、鳥たちにとっては貴重な休息の場。理解を求め、保全していきたい」と
同支部副支部長の中元市郎さん(63)は話す。
今月いっぱいは見られるという。

近くの奈良ロイヤルホテルでは2年前から宿泊者対象のプランを作り、スタッフが案内している。
浜松市から訪れていたタクシー運転手の男性(56)は
「旅行計画中に『ねぐら入り』を知り、楽しみにしていた。
 四方八方から現れて頭上を舞う姿は想像以上だった」と目を細めた。

写真:平城宮跡のヨシ原に集まるツバメ。奥は大極殿
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170827/20170827-OYT1I50022-L.jpg

以下ソース:YOMIURI ONLINE 2017年08月27日 13時32分
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20170827-OYT1T50033.html

2やまとななしこ2017/08/27(日) 16:10:22.88ID:AiTILgrh
ねぐ らいあん

3やまとななしこ2017/08/27(日) 19:10:26.84ID:XTwbw02U
電線がネグラではないのか?

4やまとななしこ2017/08/28(月) 03:32:34.57ID:iLv3a1yN
綺麗だ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています