近藤チャンネル

1名無しさん@お腹いっぱい。 (中止 6358-2Hsi)2019/10/31(木) 12:24:43.78ID:SrkajDjB0HLWN
近藤チャンネル

【転載】
traffic(トラフィック)
《「トラヒック」とも》
1. 交通。運輸。また、交通量。
2. 貿易。取引。
3. 通信回線を通じて送受信される情報。「インターネットトラフィック」
traffic(トラヒック)
⇒トラフィック

起訴(きそ)
[名](スル)刑事訴訟で、検察官が裁判所に公訴を提起すること。正式な裁判を求める「公判
請求」と書面審理による簡易な手続きを求める「略式命令請求(略式起訴)」がある。民事訴
訟法では、訴えの提起をいう。「収賄罪で起訴される」
不起訴(ふきそ)
検察官が公訴を提起しないこと。(1)被疑者死亡・公訴時効成立等により訴訟条件を欠く場
合、(2)被疑事実が犯罪の成立要件を満たさない場合(罪とならず)、(3)被疑者が人違
いである場合など犯罪の嫌疑・証拠がない場合(嫌疑なし)、(4)被疑事実について犯罪の
成立を認定すべき証拠が不十分な場合(嫌疑不十分)、(5)証拠が十分でも犯人の性格・年
齢・境遇や、犯罪の軽重・情状などを考慮して訴追を必要としない判断をした場合(起訴
猶予)などの場合に、不起訴処分となる。

ネタ(ねた)
《「たね(種)」を逆さ読みにした語》
1. 新聞記事・文章などの材料。「小説のねた」
2. 証拠。「ねたがあがる」
3. 奇術などの仕掛け。「ねたを明かす」
4. 漫才で事前に決めている話題や、コントなどの出し物。「野球選手の物真似のねたが受け
  た」
5. 人をかつぐための、真実めかした作り話。悪意のある嘘ではなく、相手を笑わせたり軽く
  からかったりする程度である場合をいう。「彼の失敗談はねただろう」
6. 料理などの原料。また、材料。「すしのねた」
妬/嫉(ねた)
《形容詞「ねた(妬)し」の語幹(ごかん)から》ねたましいこと。また、恨みに思うこと。根にもつこ
と。
「宵(よい)に悪口(あくこう)せられしその―に、わざと口を裂かるるとぞ」〈曽我(そが)・九〉

【転載】
音質(おんしつ)
音や声の性質。また、ラジオ・テレビや録音再生装置などの音のよしあし。

surround(サラウンド)
まわりを取り囲むこと。「音響のサラウンド効果」「サラウンドスピーカー」

【転載】
monaural(モノラル)
《「モノーラル」とも》一つの録音または再生装置を用いる録音・再生方式。また、その方式
で録音されたレコード。立体音が再生されない。→バイノーラル
binaural(バイノーラル)
両方の耳で聞く広がりのある音場で、特にヘッドホンのように発音体を直接耳に当てて聞くこ
と。モノラルに対する言葉。
stereo(ステレオ)
1. テレビ・ラジオ・オーディオなどで、立体感が得られるように音響を再生する方式。ま
  た、その装置。2個以上のマイクロフォンを使って録音し、複数のスピーカーで再生して音の
  空間での分布(ぶんぷ)を再現する。
2. 多く複合語の形で用い、立体の、固い、などの意を表す。

【転載】
画素数(がそすう)
《pixels》画素の総数。デジタルカメラなどでは、総画素数、有効画素数、記録画素数の3種
類があり、特に有効画素数を指していうことが多い。

【転載】
画質(がしつ)
テレビ・写真などの、画像の質。

【転載】
粉雪(こなゆき)
粉のようにさらさらとした雪。こゆき。《季 冬》「―や朝より熱き女の身/澄雄(すみお)」

【転載】
出突っ張り(でづっぱり)
《「でずっぱり」とも》演劇などで、同じ俳優が初めから終わりまで出番があること。また、
一般に、外出したまま帰らないことや会議に出席しつづけることをいう。「昼夜出突っ張りの
熱演」「忙しくて朝から晩まで出突っ張りで仕事をする」
出突っ張り(でずっぱり)
⇒でづっぱり

70名無しさん@お腹いっぱい。 (ニククエ 9e76-zAiV)2019/11/29(金) 21:46:46.68ID:asVAkMXw0NIKU
【転載】
韓国(かんこく)
【1】李朝末の朝鮮の国号、大韓の通称。1897年から1910年の韓国併合まで用いられた。
【2】大韓民国の略称。

adult(アダルト)
[名・形動]成人。おとな。また、成人に適するさま。「アダルトなムード」「アダルト
ファッション」

【転載】
大韓民国(だいかんみんこく)
朝鮮半島の38度線以南に、1948年に成立した国。首都ソウル。初代大統領は李承晩。韓国。
テハンミングク。人口4864万(2010)。→朝鮮 →三十八度線
[補説]行政区は1特別市・6広域市・8道・1特別自治道に分けられる。
特別市:ソウル
広域市:釜山(プサン) 、大邱(テグ) 、仁川(インチョン) 、光州(クワンジュ) 、大田(テ
ジョン) 、蔚山(ウルサン)
道:江原道(カンウォンド) 、京畿道(キョンギド) 、慶尚北道(キョンサンブクド) 、慶尚南道
(キョンサンナムド) 、忠清北道(チュンチョンブクド) 、忠清南道(チュンチョンナムド) 、全
羅北道(チョルラブクド) 、全羅南道(チョルラナムド)
特別自治道:済州道(チェジュド)

【転載】
千日手(せんにちて)
将棋で、同一局面が4回現れること。この状態になると無勝負となり、初めから指し直す。た
だし、連続して王手をかけ続けて千日手が成立した場合は、王手をかけていた側の負けとな
る。

【転載】
ラッセルアインシュタイン宣言(ラッセルアインシュタインせんげん)
1955年7月9日、英国の数学者・哲学者B=ラッセルと米国の物理学者A=アインシュタインを
中心とする11人がロンドンで署名した宣言。核兵器による人類の危機を訴え、紛争解決のた
めに平和的手段を見出すよう勧告したもの。11人の中には日本初のノーベル賞受賞者である
湯川秀樹も含まれる。この宣言に基づき、各国の科学者が軍縮・平和問題を討議するパグ
ウォッシュ会議が開催された。

【転載】
apathy(アパシー)
1. ⇒アパテイア
2. 政治的無関心。
3. 心理学で、感情鈍麻(かんじょうどんま)。普通なら感情が動かされる刺激対象に、何の反応も示さないこと。

【転載】
素数(そすう)
1とその数以外に約数がない正の整数。2・3・5・7・…など無限にある。→合成数
[補説]100までの素数は、2、3、5、7、11、13、17、19、23、29、31、37、41、43、4
7、53、59、61、67、71、73、79、83、89、97。25個ある。

【転載】
trade-off(トレードオフ)
失業率を低めようとすれば物価の上昇圧力が強まり、物価を安定させようとすれば失業率が高
まるというように、一方を追求すると他方が犠牲になるような両立しえない経済的関係。

【転載】
出資法(しゅっしほう)
《「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」の略称》貸金業者などを規制す
ることを目的として、出資金の受け入れを制限し、浮き貸し・高金利などを取り締まる法
律。昭和29年(1954)制定。→グレーゾーン金利
[補説]平成18年(2006)の貸金業法改正以前、多くの貸金業者が、出資法の旧上限金利(年
29.2パーセント)と利息制限法の上限金利(年15〜20パーセント)の間(グレーゾーン金
利)で貸し付けを行い問題視されていた。平成22年(2010)6月に貸金業法等の改正が完全
施行され、出資法の上限金利は20パーセントに引き下げられ、グレーゾーン金利は撤廃され
た。

【転載】
spy(スパイ)
[名](スル)相手や敵のようすをひそかに探ること。また、その人。間諜(かんちょう)。密
偵。「敵情をスパイする」「産業スパイ」

【転載】
敵情/敵状(てきじょう)
敵の状況。敵軍のようす。「―を偵察する」

【転載】
鬱憤(うっぷん)
外へ出さないで心の中に抑えている怒りや恨み。また、そういう気持ちが積もること。「鬱憤
を晴らす」
「善忠が所領を取りて左馬の助に申し与へんとするを―する折節なり」〈太平記(たいへいき)・三五〉

【転載】
解放(かいほう)
[名](スル)束縛(そくばく)されたり、制限されたりしているものを、ときはなして自由
にすること。「貧困から解放される」「解放感」
[補説]書名別項。→解放

【転載】
解禁(かいきん)
[名](スル)法律などで禁止していたことを解くこと。「アユ漁が解禁される」

【転載】
2 預り金関係
2−1 出資法第2条における金融庁の権限等
2−1−1 出資法第2条について
(1) 一般大衆から預り金の受入れを行い、その業務がひとたび破綻をきたす
   ようなことがあれば、一般大衆に不測の損害を及ぼすばかりでなく、社会
   の信用制度と経済秩序を乱すこととなる。
   このため、出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(以
   下「出資法」という。)第2条は、一般大衆の保護と信用秩序の維持の観点
   から、他の法律において特別の規定のある者(例えば、銀行法に基づく銀
   行等)を除き、「預り金」を禁止しているものである。
(2) 「預り金」とは、同条第2項において、預金等と同様の経済的性質を有
   するものとされており、次の4つの要件のすべてに該当するものとされて
   いる。
   @ 不特定かつ多数の者が相手であること
   A 金銭の受け入れであること
   B 元本の返還が約されていること
   C 主として預け主の便宜のために金銭の価額を保管することを目的とす
     るものであること

速報(そくほう)
[名](スル)事件や事の成り行きをすばやく知らせること。また、その知らせ。「地震発生を
速報する」「選挙速報」

>>70
>>72
【転載】
South Korea(サウスコリア)
【国名】
韓国(かんこく)◆朝鮮半島の南半分を占める、大統領共和制国家。最大の都市で首都はソウル(Seoul)。
◆【正式名称】Republic of Korea(リパブリックオブコリア)
(大韓民国) (だいかんみんこく)

【転載】
急報(きゅうほう)
[名](スル)急いで知らせること。また、急ぎの知らせ。「事故を急報する」

【転載】
急告(きゅうこく)
[名](スル)急いで告げ知らせること。「作戦の変更を急告する」

【転載】
所掌(しょしょう)
法令によって、ある事務が特定の機関の職務に属するものと定められていること。「所掌の事
務を遂行する」

地検(ちけん)
1. 土地の所有者・面積などを調べること。検地。
2. 「地方検察庁」の略。

地方検察庁(ちほうけんさつちょう)
地方裁判所および家庭裁判所に対応して置かれる検察庁。検事正(けんじせい)を長とする。地検。

【転載】
velour(ベロア)
毛足(けあし)が長く柔らかで光沢(こうたく)のある織物。コート・帽子などに用いる。

【転載】
Nike
1. 《ギリシャ神話》ニケ(◇勝利の女神)
2. ナイキ(◇米陸軍の対空[迎撃用]誘導弾の1つ)

【転載】
air(エア、エヤ)
【名】
1. 空気、外気
・Although we cannot see air, it is all around us. : 空気は見えないけれども私たちの回りにある。
・I should have known they would poison the air. : 私はそれが空気を汚染することを知っておくべきだった。
2. 空、空中、大気◆【類】midair(ミッドエア)
・He's on his back, feet in the air. : 彼はあおむけで足を上げている。
・I looked up in the air. : 私は空を見上げた。
・Put your guns down and put your hands in the air. : 銃を置いて両手を上にあげろ。
《「エアー」「エヤ」とも》
【1】
1. 空気。大気。空中。
2. 《compressed(コンプレスド) airの略》圧縮空気。
3. 航空。飛行。「エアサービス」
【2】「アドビエア」の略

【転載】
zoom(ズーム)
【自動】
1. 急増する、急上昇する、素早く動く、拡大・縮小する
2. ブーンという音を立てる、大きな音を立てて急に動く、疾走する
【他動】
1. 〔画像・映像を〕拡大する、縮小する
2. 〔飛行機を〕急上昇させる
・They zoomed their jet boats down the river. : 彼らはジェットボートで急速に川を下った。
【名】
1. 急上昇、急増、〔物価の〕急騰
2. 〔飛行機の〕ブーンという音
3. 《コ》拡大表示
zoom(ズーム)
1. ズームレンズを用いて画像を拡大したり縮小したりすること。
2. 「ズームレンズ」の略。

【転載】
structure(ストラクチャー)
《「ストラクチュア」とも》構造。機構。
structure(ストゥラクチャ、ストラクチャー)
【名】
1. 構造、骨組み、仕組み、作り、構成
・Crick and Watson discovered the structure of DNA. : クリックとワトソンはDNAの構造を発見しました。
2. 体制、機構、組織、システム
・How does this position fit in the overall structure of the department? : この立場は、その部署の全体的な組織の中ではどう適
  合しますか?
・The management decided to reorganize its structure. : 経営陣は組織を再編成することを決定しました。
3. 〔複数の部分から作られた〕建造物、構造体、構造物、営造物、構築物
・The Sydney Opera House is one of the most beautiful structures in the world. : シドニーのオペラハウスは世界で極めて美し
  い建造物の一つです。
4. 《化学》化学構造
5. 適切に行動できるようにするための環境[スケジュール]
6. 《囲碁》構え
7. 《コ》構造体
【他動】
1. 〜を構造化する、構築する
2. 〜をスケジュール化する

【転載】
キムチ(きむち)
《(朝鮮語)。漬物(つけもの)の意》朝鮮料理で、塩漬けした大根(だいこん)・白菜(はくさい)・キュウリなどを唐辛子(とうがらし)・ニンニ
ク・塩辛(しおから)などをまぜた薬味(やくみ)で漬け込んだもの。

ぶひいー

ぶひー

100名無しさん@お腹いっぱい。 (ワッチョイ 23e3-djIe)2019/12/05(木) 23:28:44.38ID:Q+2Lesqk0
wniの鈴木里奈の脇くっさ
      (6 lゝ、●.ノ ヽ、●_ノ |!/
         |     ,.'  i、     |}
       ',     ,`ー'゙、_    l
       \ 、'、v三ツ   /
        |\ ´  ` , イト、
       /ハ ` `二 二´ ´ / |:::ヽ
     /::::/ ',   : . . :  /  |:::::::ハヽ
https://twitter.com/ibuki_air
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【転載】
新撰組/新選組(しんせんぐみ)
【1】文久3年(1863)江戸幕府が武勇にすぐれた武士で編制した浪士隊。清川八郎による浪士
   組分裂ののち、京都守護職松平容保(まつだいらかたもり)の支配下に、市中取り締まり、尊
   攘(そんじょう)派浪士の鎮圧に当たった。近藤勇を組長とする。
【2】(新撰組)白井喬二の長編小説。大正13年(1924)から大正14年(1925)にかけて「サ
   ンデー毎日」誌に連載。単行本は大正14年刊行。同年、映画化もされた。

【転載】
対処(たいしょ)
[名](スル)ある事柄・状況に合わせて適当な処置をとること。「緊急事態に対処する」

【転載】
名古屋城(なごやじょう)
名古屋市中区にある城。慶長(けいちょう)15年(1610)徳川家康が築いた典型的な平城(ひらじろ)。同1
7年に完成した天守は加藤清正(かとうきよまさ)の造営(ぞうえい)で、大棟上の金の鯱(しゃちほこ)は有名。天守下の本丸(ほんまる)
殿舎(でんしゃ)とともに太平洋戦争で焼失、戦後復元。狩野探幽(かのうたんゆう)らの手になる襖絵(ふ
すまえ)が戦災(せんさい)をまぬがれ、宝物館に保存されている。

【転載】
[名](スル)
1. 他人の乗り物に、ついでに乗せてもらうこと。「友人の車に便乗する」
2. 巧(たく)みに機会をとらえて利用すること。「ブームに便乗する」「便乗値上げ」

>>104
【修正】
【転載】
便乗(びんじょう)
[名](スル)
1. 他人の乗り物に、ついでに乗せてもらうこと。「友人の車に便乗する」
2. 巧(たく)みに機会をとらえて利用すること。「ブームに便乗する」「便乗値上げ」

stealth(ステルス)
1. 隠密(おんみつ)。こっそり行うこと。「ステルスマーケティング」
2. ⇒ステルス技術
ステルス技術(ステルスぎじゅつ)
《stealth(ステルス)は隠密(おんみつ)の意》電波を吸収する塗料を使ったり、電波の反射を少なくする形状にした
りして、レーダーによる探知を困難にする技術。航空機・ミサイルの製造に応用。

【転載】
linkage(リンケージ)
連鎖(れんさ)。

【転載】
悪くないっすね、その香り。


【転載】
国際問題(こくさいもんだい)
国家間に生じる紛争や事件。また、国際的規模で生じる諸問題。 「 −に発展
しかねない事件」

新着レスの表示
レスを投稿する