【クソダサい】バフェット太郎スレ【シーゲル派】

12018/11/04(日) 16:10:19.18ID:tvTpXN45
米国株の不人気優良株10種に集中投資するバフェット太郎のスレッドです。

134山師さん2018/12/03(月) 02:52:54.87ID:YM9DYLu6
ハーモニーゴールドとゴールドフィールズ
最初の2枚は南ア金鉱山会社のハーモニーゴールド社とゴールドフィールズ社の12年チャート。
ハーモニーゴールド社は6ドル付近に支持線が。ゴールドフィールズ社には16ドルに抵抗線。10ドルと6ドルに支持線がある。
3枚目のチャートは05年から現在までのNYダウ。ダウの反騰のピークは11258ドル。
その後9760ドルまで暴落し、10600ドルまで反発。これでヘッドアンドショルダーは完成した。08年同様ヘッドアンドショルダーを形成後、ダウは暴落するのだ。
ハーモニーゴールドは6ドルまで暴落。ゴールドフィールズは10ドルまでかな?6ドルまで下がったら最高の買い場になる。

135山師さん2018/12/04(火) 00:09:50.43ID:u7u8A/Mz
ダウゴールドレシオは2023年まで下落する。
ダウの先行指標であるバルチック海運指数は34営業日連続の下げ。わずか1ヶ月半で高値の4209ポイントから1709ポイントと60%弱暴落した。
デイリーベースのVIX(恐怖指数)は、200日移動平均線が支えとなり上昇トレンドにのった。
NYダウはデイリーベースの200日移動平均線が抵抗線となり、10400ドルを高値に下落。
金は価格操作によりデイリーベースの50日移動平均線(1220ドル)を超えられないでいる。
今週1220ドルを超えるようなら、金は価格操作ができないほどまでに上昇パワーがあると考えられ、来年には2000ドルになっていることだろう。
もはや金が2000ドルという話題に驚きはない。1オンス1000ドルが割安に聞こえる。こんな時代がくるなんて?さて、どこまで上昇するのか。
添付したチャートはあまりにも有名なダウゴールドレシオ。このブログで何度も紹介しているが、これを紹介する度に僕はワクワクしている。
このブログの読者もきっとこのわくわく感を共有しているはずだ。
ダウゴールドレシオはダウ÷ゴールドで導く。ダウ10300ドル÷ゴールド1200ドル=ダウゴールドレシオ8.58ポイント。
この水準はまだ株が金に対して割高であるといえる。5ポイント以下から恐慌が始まり、15年程度続く。
過去100年の歴史を振り返ると、ダウゴールドレシオはピークをつけたあと、再び上昇することなく、20年〜23年程度下落しつづける。
そしてこの下落の先に恐慌と、金と金鉱山株のバブルが存在する。
2000年にピークをつけたダウゴールドレシオは2020年〜2023年頃まで低迷しつづける。
つまりこれから13年程度、金が株に対して割高な時代が到来するのだ。
2011年以降、金価格上昇に対して、金鉱山株はあまり上昇しない。本格的な金鉱山株の上昇は、ダウが2013年に底値をつけて反発してから。

136山師さん2018/12/05(水) 01:23:07.78ID:M1mwKkF3
米国株の未来
4月22日のブログ「米国株は買われすぎのサインを出した」で、2年半前にダウが史上最高値の14000ドルをつけた日以来の買われすぎのサインを出したと指摘したうえで、
米国株の下落していく未来を書いた。
結果、わずか数日後にS&P500は1219ポイントで天井を打ち、大きな下落トレンドに突入した。
そしてこの下落トレンドの中から、S&P500は下に抜けても上には抜けられない。なぜなら恐慌の歴史がそう教えてくれるから。
1929年の世界恐慌は、ピークから50%下落し、50%の反発。最終的には高値から80%程度暴落する。
今回も同じパターン。50%の反発は1219ポイントで終了し、これから80%の暴落が待っている。
世界最大の運用会社、米国ブラックロックのロバートドール副会長は二番底はないと予測。
世界一の投資家ウォーレンバフェットも二番底はないと。世界一が二人も二番底はないと予測。現在ダウは10102ドルと50ドルの下落。

137山師さん2018/12/06(木) 00:31:17.72ID:VO5CH/DV
ガイアのジンクス
ドルインデックスは82ポイント付近にある支持線に支えられ上昇。S&P500は50日移動平均線に抑えられ下落。
ドルが上がれば株は下がるというまさに逆相関の関係。テクニカル分析の通りに動く未来。金融機関も個人投資家も関係なく、
事前にプログラミングされた自動売買システムに頼っている。もはや株は感情ではなく、テクニカルで上下する傾向が強くなった。
今秋再び自動売買システムが暴走する。強制的なロスカットに続くロスカット。S&P500は700ポイントを目指す。
これは現在の1070ポイントから30%以上暴落するということ。
米国経済の回復は住宅価格が上昇しない限りあり得ない。現在米国住宅価格は2ヶ月連続で下げた。
失業率も実質16%と危機的水準。米国経済は長期的に衰退するしか道はない。短期的に抜け出す方法は戦争のみ。
1980年世界のGDPは10兆ドルだった。金は850ドル。30年で世界のGDPは6倍の60兆ドルに。
金が普遍的な価値を持つならば、6倍の5000ドル以上にならなければならない。
ドルと金の等価理論では6000ドル以上。1980年の850ドルを現在の実質価格に直すと2200ドル。
さて、何ドルまで上昇するのかな?僕は6000ドル以上だと思っている。
ガイアの夜明けで金の特集があったとか。前回、ガイアの夜明けで金の特集直後、金は900ドルから700ドルへと暴落した。
ガイアのジンクス。今回も?23日、26日、27日、28日の四日間は金の価格操作により、上昇できないはず。
1150ドルを目指すのかな?亀井幸一郎氏は1170ドルに協力な抵抗線があったため1170ドルがサポートラインになると予測している。
何倍ものレバレッジをかけて先物取引している人にしか関係のない話。
今年の夏も暑い。秋には暴落が始まる。来年の春までが絶好の投資タイミングとなる。

138山師さん2018/12/06(木) 22:12:51.02ID:xYkDjZ9i
ネカマもバカもリセッション見越して最後の一稼ぎに入ってる感あるけど相場だけで食ってけないからアフィやってるのであって指標にはならんな…

139山師さん2018/12/07(金) 00:15:54.09ID:qPBq0UPV
200日移動平均線を突破。しかし
先週米地銀が7行破綻し、今年の合計破綻件数103行に。確実に暴落に向かうダウは、デイリーベースで200日移動平均線を突破。
市場には楽観論も聞こえ始めた。しかし、金融株の相対的なパフォーマンスは低迷したまま。
昨年3月から始まった暴落へ向けての中間反騰。この強気相場のけん引役が金融株だった。
フィラデルフィア銀行株指数は17.75ポイントから今年の4月に58.83ポイントと3倍以上の大暴騰をみせた。
この間ダウは1.8倍弱の上昇にとどまった。

金融機関の本業は依然回復していない。実質失業率は上昇する一方で、住宅ローンの焦げ付きも止まらない。
米国は日本と違い、住宅ローンは払えれなくなれば、家の鍵を返しておしまい。日本のように残ったローンを返す必要はないのだ。
残ったローンは銀行の負債となるため、破綻が止まらないのだ。
世界恐慌は間違いなく起きている。銀行の破綻連鎖に国家破綻。信用収縮から世界各国は金に群がる。
マレーシアでは今年の8月から金貨と銀貨が正貨として流通するとのニュース。
商品としての金から通貨としての金へ。価値観の転換は少しずつ始まっているようだ。
歴史を振り返れば、1998年のロシアデフォルト時、ロシア国内の金価格は8ヶ月で約4倍上昇した。
国内通貨が紙切れになる不安から、金が流通し始めたが、しかしそれはすぐにマヒした。なぜなら偽金貨が出回ったから。
この事件と同じことがマレーシアでも起きる。金が大暴騰するとき偽金貨が出回り、マレーシア経済はパニックに陥る。

140山師さん2018/12/08(土) 01:55:18.55ID:UqimmnNX
南アランドとドルの行方
日経ヴェリタスに「ランド高、金鉱会社重荷」との記事。南アのほとんどの金鉱脈は深く、採掘現場は地熱で50度にもおよぶんだとか。
膨大なエネルギーを必要とすため、電力料金は毎年25%上昇し、労働賃金15%、鋼材24%、セメント12%値上がりしていると。
現在金価格は1200ドル程度。南アの採掘コストは900ドルにも及ぶ。
賃金や鋼材費等の採掘コストはドルで換算されるため、ニューヨーク市場に上場している南ア金鉱株は利益圧迫の要因になる。
つまり、ファンドをはじめとしたプロの金融機関は南アの金鉱株を大きく買えない。
(ジョンポールソンが保有しているゴールドフィールズ社、アングロゴールド社は除く)
事実ブラックロックの金鉱株ファンドはハーモニーゴールド等のハイコスト鉱山を保有する金鉱山株の持分比率を低下させている。
では南アの金鉱株は本当に魅力がないのか?まずは為替から考えたい。
ドル/ランドのチャートを見れば、南アランドに対してドルは上昇トレンドであることがわかる。
緑の○の時期はリーマンショック。09年3月の株価反転からランド高が始まる。
同年11月にダウが10500ドルをつけるとランド高が止まる。
ダウの暴落によりドルが上昇すれば、為替による利益圧迫要因はある程度解消される。
次に900ドルというハイコストについて。これはいつも書いていることだが、最近読み始めた読者のためにも何度も書こう。

141山師さん2018/12/08(土) 01:56:40.25ID:UqimmnNX
1オンスの売り上げが1200ドルでコストが900ドルなら利益は300ドル。
1オンス2100ドルに上昇すれば、利益は1200ドルになり、利益の上昇率は4倍にもなる。
しかし、現在採掘コストが400ドルしかかからないローコスト金鉱山会社は、1オンス1200ドルなら800ドルの利益。
1オンス2100ドルに上昇すれば利益は1700ドルにものぼるが、利益上昇率は2倍程度。
つまり今後、金がバブルを形成するような大暴騰局面にはいるなら、ハイコスト鉱山を保有している南ア金鉱山株が絶対お勧めだ。今ならプロも買っていない。
さて、ダウの暴落は2013年頃まで続くことになる。底値は2011年につける可能性もあるが、基本的には2013年頃までダウは低空飛行する。
そのときドル高と金上昇で恩恵を受けるのはハイコスト鉱山を保有する南ア金鉱山株。つまりハーモニーゴールド社だ。
金の大暴騰はおそらく2013年以降になる。それまではジワジワと上昇する。それ以上にドルが上昇してしまう。
ドルが緩やかな下降線に入る2013年から金の大暴騰が始まるだろう。そのときに金鉱山株も大暴騰する。
2011年から2013年にかけて、金鉱山株に投資してきた者だけが2017年に大きな資産を築いているのだ。

142山師さん2018/12/09(日) 04:55:24.92ID:N01PjKFy
金と金鉱山株の関係
チャートは金鉱山会社ホームステークマイニング社の1890年から2000年までの110年チャート。
ホームステークマイニング社が110年間の間に2回大きなバブルを形成した1936年と1980年だ。
どちらも共通点は株価がバブルの始まりに戻るということ。1930年代は1ドル台から始まり、6ドルまで上昇。
そして再び1ドル台まで暴落した。1980年代は4ドルからバブルが始まり23ドルまで暴騰した後、再び4ドル台へと暴落。
やはりバブルの始まりの価格に戻ってしまったのだ。
1980年代の金と金鉱山株の関係はおもしろい。金価格は1980年代875ドルのピークをつけ、
2000年まで下落していくのだが、20年間の間に4回小さな強気相場を作った。その度に金鉱山株は大暴騰するのだ。
インフレ率を考慮すれば実質的には1980年の金875ドル、ホームステークマイニング21ドルがピークだったと思われるが、
名目では1995年の23ドルがホームステークマイニングのピークとなる。
いずれにせよ、金と金鉱山株は相関関係にあり、金鉱山株はギアリング効果により、そのボラティリティは非常に大きい。
以前紹介したダウの18年×2=36年周期では、1936年と1980年はどちらもダウの低迷期であった。
そして2010年代はやはりダウの低迷期にあたる。金鉱山株バブルはその低迷期で生まれると仮定するならばやはり今回も金鉱山株はバブルを形成するのだろう。

143山師さん2018/12/10(月) 01:37:22.37ID:07TZyEpP
2017年ダウ3000ドル、金4500〜6000ドル
今回紹介するチャートはダウゴールドレシオのテクニカル分析。
このチャートによれば、2016年に向けてダウと金は1:1.5、もしくは1:2になるという。
つまり、先日紹介した「ダウ200年の歴史」より、ダウが3000ドルまで暴落するならば、金価格は4500ドル〜6000ドルになるのだ。
さて、金鉱山株は何時上昇するのか?1930年代の恐慌では、1932年にダウが底値をつけ、反発と同時に金鉱山株も上昇した。
しかし、当時金価格は金本位制のため大きな値上がりはなかった。よってこの時代の金価格の動きは金鉱山株の動き同じ と考えたい。
1929年に崩壊したバブルは3年後の1932年に底値を形成し、ダウは反発し金鉱山株(金価格)は大暴騰。4年後の1936年に天井をうった。
今に照らし合わせると、2013年から金価格は大暴騰し、4年後の2017年に天井をうつことになる。
1980年、金が875ドルと大暴騰した時代は、金価格に連動するようにダウの低迷にも関わらず金鉱山株は大きく上昇した。
これを今に照らし合わせると2013年から2017年にかけてダウは低迷するが、2013年から2017年にかけての金大暴騰に連動し、金鉱山株も大暴騰するのだ。
僕はいくつもの歴史を重ね、現在と比較し、未来を予測する。これから世界が辿る道は過去に歩いた道。世界最大級の銀行の破綻に、国家破綻の連鎖、そして世界大戦危機が起きるのだ。
ダウは現在10605ドル。よく反発したものだ。しかしそれもいよいよ来週で終わる。ドルインデックスに反転のサインが出た。

144山師さん2018/12/11(火) 00:24:05.05ID:Yc/y7amW
ドルと金の等価理論の歴史
1970年金本位制により固定されていた金価格は36ドルだった。1971年に金本位制は解除され、1975年には5.5倍の200ドル弱まで上昇。
直後から暴落し1976年に102ドルで底をうつ。結局金価格は4年後の1980年に8.7倍上昇し875ドルで壮大なバブルを締めくくった。
36ドルから5.5倍の200ドルへ上昇し、200ドルから102ドルまで暴落したとき、誰もが金のバブルはここで終わったと思ったに違いない。
誰がその後の大暴騰を予測できたろうか?
1971年の36ドルから1980年の875ドルと、わずか9年で24倍の上昇は誰も信じれなかったにちがいない。
1999年に253ドルで底をうったとき、当時のメディアは金は輝きを失ったとある。
1000ドルを口にすれば笑われた時代だった。しかし、結果的に2010年に1270ドルまで上昇。253ドルから5倍の上昇であった。
253ドルから5.5倍とは1391ドル。1391ドルから当時と同じように50%暴落すれば700ドル弱。
さらに当時と同じように700ドルから8.7倍に上昇したとすると6090ドルになる。歴史はまったく同じようには繰り返さないが、似たように繰り返す。
1974年、金が180ドルのとき「ドルと金の等価理論」は60bp(ベーシスポイント)。
つまりドルを「1」としたとき金の価値は「5分の3」しかなかった。金がドルと等価になるには300ドル程度まで上昇すればよかった。
しかしその後イランイラク戦争に向けて米国の通貨供給量は莫大に増え、ドルに対する金の価値がさらに薄れてしまい600〜700ドルでようやくドルと金の等価は達成された。
結果的に1980年に金は875ドルまで上昇し、金はドルの価値を40%も上回ったのだ
さて、2008年に金価格が1033ドルと大暴騰したとき、ドルのマネタリーベース(通貨供給量)はわずか1年で2倍以上も膨れ上がってしまった。
2007年金価格が700ドル〜800ドルのとき「ドルと金の等価理論」は30bpだった。
つまり、このときまでは2310ドル〜2640ドルで等価は達成されるはずだった。
しかし08年以降マネタリーベースが2倍にも膨れ上がったので、2017年の金価格目標が4620ドル〜5280ドルへと上方修正されてしまった。
さらに「ドルと金の等価理論」が過去の歴史を繰り返すなら、やはり金はドルに対して20%〜40%割高になる。
つまり金の最高値は5544ドル〜7392ドルへと大暴騰してしまうのだ。

145山師さん2018/12/12(水) 00:13:57.71ID:UL4l4ZcH
夏→秋
ドルインデックスは79.81ポイント。これが77〜78ポイントまで下落すれば、反転。ドル高その他通貨安の時代が始まる。
RSIもその頃までに30ポイントをつけ、売られすぎのサインを出すだろう。
S&P500も1148ポイントを天井に、下落方向。金と銀のRSIも買われすぎのサインとなる70ポイントをつけた。
過去のパターンを見れば、RSIが80ポイントまで上昇してから下落していく可能性が高いことがわかる。
金と銀の関係は、金が先に上昇し、銀は後から上昇する。そして、銀が先に下落し、金は後から下落するというパターンが過去に何度もあった。
さて、今回はどうだろ?30年ぶりの銀の高値。今後銀の動きを注意して見ていく必要がある。
ダウの先行指標となるバルチック海運指数もウィークリーベースの40日移動平均線に抑えられ下落している。やはりダウもこれにつられて下落していく運命にあるのだろう。
昨日まで残暑が残りまだ夏のように暑かった。今朝の雷、大雨で季節は夏から秋へ。来週の名古屋は最高気温25〜26℃と涼しいらしい。
マーケットも同じく夏から秋へと変わる。暴落の秋へ。

146山師さん2018/12/12(水) 22:50:49.48ID:yDs2Ua2L
クソクサい投資家、バフェット太郎・・・

147山師さん2018/12/13(木) 02:38:08.27ID:YDAeJLRc
シナリオに変更なし
金は1309ドルまで上昇、RSIも70ポイントを超え買われすぎのサインが出た。
しかし三本のレッドラインがまだ上昇余地を残していることを教えてくれている。
レッドラインによれば、1400ドル〜1500ドルまで上昇する。山高ければ谷深し。
金が800ドル〜1000ドルまで暴落するには1400ドル〜1500ドルまで大きく上昇しなければならない。
銀は21.9ドルと二年半ぶりの買われすぎのサインを出した。しかしやはり、金同様まだ上昇余地を残していることがわかる。ターゲットは25ドル前後。
ドルには78.69ポイントまで下落しているが、まだ売られすぎのサインは出ていない。そして下げ余地もまだ残っている。
ターゲットは78ポイントと77ポイント。そして74ポイントだ。ドルが反転するとき市場が反転すると考えたい。
さて、「世界は通貨戦争に突入している」とはブラジルのマンテガ財務相。世界同時不況により、国内でモノが売れなければ、海外の人たちに買ってもらうしかない。
そして海外の人たちにたくさん買ってもらうためには価格を安くしなければならない。自国の通貨価値を低くさせれば、商品の価格は下がる。
これは1930年代、1960年代の世界不況でも同じことが起きている。そしてこの先はいつも悲惨だ。
自国通貨を安くして、比較的経済が順調な国にモノが売れる。次第に供給は増え始めるが景気はそんなに簡単に回復しない。
すると比較的順調だったはずの国も海外でモノが売れなくなり、次第に経済が弱くなる。最終的に供給過剰、需要不足、在庫過剰が起き、世界経済は奈落の底に落とされる。
奈落の底は国家破綻の連鎖と世界最大級の金融機関の破綻、そして世界大戦危機。過去の歴史がそうだから、今回もそうなるのか。
絶対ではないし、まったく同じでもない。しかし似たような形で歴史は繰り返される。
世界通貨が安くなるなかで金と銀は代替通貨として上昇する。いや、正確に言えば金と銀の価値は今も昔も同じ。
通貨の価値が下落するので金と銀が上昇しているように見えるのだ。なぜなら1000年前も今も1オンスで買えるパンの量はほぼ同じなのだから。
ダウは10835ドル、S&P500は1144ポイント。暴落のシナリオに変更なし。

148山師さん2018/12/14(金) 02:18:41.79ID:ttdXxiZu
金に買われすぎのサイン
GoldMoney.comによれば、議会で南ア金鉱山の国有化が提案され、その声は次第に大きくなっているとのこと。
南ア金鉱山は世界でも採掘コストは非常に高く、労働者は地下3000mの劣悪な環境で、命の危険と隣り合わせで作業をしている。
落盤事故により死亡者も出る。たくさんの労働者たちが鉱山のなかで閉じ込められる事故もある。
もちろん南ア金鉱山会社ハーモニーゴールド社も例外なく過去何度かニュースになった。ストライキや賃上げ要求、電力不足によるコスト増。問題は山積みだ。
ちなみに金鉱山会社の国有化について専門家は、鉱業の国有化は、労働者の状況を改善できるとは限らない。
景気低迷下では政府が資本を注入して企業の体力を強化する必要があるとのこと。
さて、金のRSIは75ポイントと買われすぎのサインが出ている。何時暴落してもおかしくない状況。
金、株、土地、原油、あらゆる総ての資産が売られる時、ドルが買われる。世界の常識はドルの暴落。
しかし現実としてこれから進行するのはドルの独歩高。
短期的な金の暴落により、投資家たちが金に対して懐疑的になるとき、僕は金を金鉱山株を買う。そんな戦略。

149山師さん2018/12/15(土) 02:59:36.20ID:kioR3Yuz
未来予測の難しさ
PIMCOが米国債を売却したとのニュース。債券王のビルグロス氏は債券相場の上昇が終わりに近づいていると判断した。
1930年代の世界恐慌、1980年の不況。歴史的に見てもこの二つの時代に共通したのは、ダウと金が1:1になり、PERが50倍となり、歴史的買い相場となった。
さらに債券が暴落し金利は大暴騰。1930年代が13%1980年代が15%だったかな?現在米国債券は2.42%。これが13〜15%まで大暴騰する。

歴史はやはり繰り返そうとしている。短期的な景気回復により、企業は供給を増やすが、次第に市場の需要は細くなり、供給過剰になる。
恐慌博士のヌリエルルービニ教授によれば、二番底に陥る確立は35〜40%と予想。
天才投資家ウォーレンバフェット氏は二番底はなく、米国株には長期的に強気としつつも、米国経済はしばらく低迷すると指摘している。
さらに1987年のブラックマンデーの1週間前に株の売却を推奨したマークファーバー氏は金利は3ヶ月以内に上昇し、ドルも上昇すると予測している。

ドルインデックスは77ポイントでRSIは32ポイントで売られすぎのサインが出ている。
金は1370ドルでRSIは78ポイントと買われすぎのサイン。市場はまもなく反転する。
やはり恐慌の道を辿りつつある世界経済。債券の暴落が始まれば、ドルの上昇と国家破綻の連鎖が始まる。
南欧が破綻すれば、南欧債券を大量に保有している世界最大級の金融機関が破綻する。
失業率は実質25%(現在実質17%)まで上昇し、PERは50倍になる。
通常PERは低いと売られすぎのサインとなるが、恐慌においては50倍という買われすぎのサインが売られすぎのサインとなる。
企業の赤字決算が株価を割高に見せるのだ。PERの歴史を見れば、PERがいかに信用できないものかがわかる。
なぜなら1929年の暴落直前、PERは15倍程度だったから。だからみんな株価は買われすぎでないと判断し株を買い続けたのだ。

150山師さん2018/12/16(日) 03:30:42.66ID:le2WFZdw
PER50倍、ダウ6000ドル、金6000ドルが僕の予測する近未来。
2013年〜2017年にかけて歴史的な株の買い場をつくる。それまでは金と金鉱山株がいい。
2017年にかけて国家破綻連鎖が戦争を呼ぶ可能性は否定できない。戦争危機は起きるだろう。戦争が起きないことを願うばかりだ。
日本は破綻するのか?消費税を20%まで上げる余地があるし、日本の財政破綻となれば日本が保有している米国債を大量に売却しなくてはならない。
そうなれば世界経済は崩壊の危機に陥る。だから世界が日本の破綻を許さないのだ。
しかし、ロシア国債がデフォルトする前、核保有国は国際社会が救済すると誰もが信じていた。
結果、ジョンメリウェザー氏率いるエリート集団LTCMはその常識に敗れ、ロシアとともに散った。20年後30年後の未来に現在の常識なんて通用しない。
金6000ドルの話に誰もが笑う。非常識な話。わかってる。でも僕は常識がいかに通用しないかも知っている。この世は残酷な世界だから。

151山師さん2018/12/19(水) 09:02:40.43ID:wwu0yQ5Q
1920年代にシーゲルと同じように長期投資を勧めた本が出て
株価上昇に拍車をかけたそうな
全員で乗った船は必ず沈むんや

152山師さん2018/12/20(木) 16:11:35.54ID:4yI8Y/Lf
バフェット太郎死亡確認

153山師さん2018/12/20(木) 19:50:02.85ID:W/1sI+jG
バフェット太郎ノイローゼ伝説

154山師さん2018/12/20(木) 22:18:56.99ID:50wK0VwW
えっ?なにがあった?
こういうときの銘柄じゃないの?

155山師さん2018/12/21(金) 08:16:43.54ID:a0NjBE/t
ハゲット太郎の秘密のツルッパゲ

156山師さん2018/12/21(金) 08:24:37.55ID:gxtraOEr
バフェット太郎精神崩壊

157山師さん2018/12/21(金) 11:04:54.02ID:3D4H6w9k
タバコ株買うより、ソフトバンクの方がマシだったなww
太郎さんよ

158山師さん2018/12/21(金) 12:22:02.04ID:gxtraOEr
あ――たたたたた たたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた たたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた
 
うぉーたぁ

あたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた
 
おぅわったぁ!


バフェット太郎はもう死んでいる…

159山師さん2018/12/22(土) 10:44:20.76ID:2vixYfnT
タバコ株なんてオワコンもいいところだろ
一部買うならいいけど、2割も入れてるなんてクソダサいよね

160山師さん2018/12/23(日) 13:48:43.19ID:F492MTxY
ディフェンシブ(爆笑)

161山師さん2018/12/23(日) 18:07:25.44ID:sArgMjFt
バフェット脱糞太郎

162山師さん2018/12/24(月) 07:40:35.39ID:JERByBM9
バフェット太郎の狂気のオムツ戦略

163山師さん2018/12/24(月) 12:11:18.92ID:JERByBM9
遂に追いこまれたwクソクサい投機家、CFD太郎(笑)

164山師さん2018/12/24(月) 19:07:46.30ID:BQ+jEjVv
クソダサい太郎も相当な含み損抱えて気が気ではないなw
現実のまさかの展開に内心かなり焦っているのは間違いないww

165山師さん2018/12/24(月) 21:41:38.89ID:W1DNmKIX
アメリカの終焉ワロタww
こんだけ下げただけでビビりすぎだろ
なーにがバフェット太郎だよww
こんなバフェットいねえよ

166山師さん2018/12/24(月) 21:59:19.61ID:JERByBM9
正気の沙汰ではないCFD太郎は違法ドラッグに手を染めると睨んでいる

167山師さん2018/12/24(月) 22:14:34.65ID:BQ+jEjVv
長期投資なんてリスクを先延ばししているだけで、ただのビッグギャンブラーにすぎんよw

168山師さん2018/12/25(火) 00:11:31.59ID:kj0VB5fl
太郎ザマァ━━━━━━m9(^Д^)9m━━━━━━!!!!!!

169山師さん2018/12/25(火) 16:41:54.82ID:WuohnRg1
今度はCFD業者からオコボレをあずかるのね
クソダサ太郎はwww

170山師さん2018/12/25(火) 17:18:27.43ID:IFhy8bEZ
金太郎、落城!デデーン

171山師さん2018/12/25(火) 17:22:06.08ID:LYf3DPem
シーゲル派はCFDを推奨しているのでしょうか?

172山師さん2018/12/26(水) 08:10:03.02ID:0bU27K4k
バフェット太郎は詐欺師なの?2chで評判が悪い件
https://1nukepi.com/buffet-taro-001

173山師さん2018/12/26(水) 09:14:25.95ID:/OSaj9xX
下落に強いディフェンシブ株じゃなかったのかよwww

174山師さん2018/12/26(水) 21:44:37.73ID:0bU27K4k
バフェット太郎が投資している銘柄はほぼ全部下がっている。まだハイテクのGOOGLEの方が下落に耐えているぐらいだ。

175山師さん2018/12/28(金) 13:26:21.14ID:ewjWr7m7
米国株が急落する中で、バフェット太郎の資産総額も1000万円近く目減りしており、
今年は投資収益よりもブログ収益の方が多くなりそうです。
   ↑  ↑  ↑
現状はもっと惨憺たるものだろうな

176山師さん2018/12/28(金) 20:23:02.17ID:XdG4m+S4
あの10種ではどう贔屓目に見ても市場平均にすら勝てないよ。コーラだのタバコだのが3割占めてて、若いモンが避けてるもんばかり。将来性ゼロ
おとなしくsp500買っとけよ

177山師さん2018/12/28(金) 23:18:50.22ID:RSlWewP/
CFDを勧め出したけど、来年はCFD太郎に改名するんですか?
どう考えても、今までの投資経験が活かせないと思うけど

178山師さん2019/01/02(水) 04:39:50.74ID:PIQI5JO1
血液型A型は最も凶悪犯が多い
■ヒトラー(ホロコースト第一人者、ロシア人・ユダヤ人大量虐殺)←A型
■ヒムラ−(第3帝国ナチ親衛隊SS隊長、アウシュビッツ強制虐殺収容所最高責任者、ユダヤ人・ロシア人大量虐殺)←A型
■ルドルフ・ヘス(アウシュビッツ虐殺強制収容所長、殺人ガス『チクロン』使用)←A型
■アドルフ・アイヒマン(ナチ親衛隊SS中佐、ユダヤ人を強制労働の末虐殺、ユダヤ人絶滅論者、戦後、国際指名手配戦争犯罪人) ←A型
■スターリン(ロシアのヒトラー、大量虐殺)←A型
■フセイン(イラク独裁者、シーア派大虐殺の人道に対する罪で絞首刑執行)←A型
■ジョンソン(ベトナム戦争開戦の張本人)←A型
■金正日(拉致大将軍、反金分子射殺、国民飢餓見殺し)←A型
■麻原彰晃(オウム心理教教祖、オウムも当然A型集団)←A型
【変質殺人鬼】
■世田谷一家四人殺人犯←A型
■チカチーロ(52人殺人、死体は食べた)←A型
■宅間守(大阪池田小侵入、児童大量刺殺犯)←A型
これからはA型のことを殺人鬼と呼びましょうw

179山師さん2019/01/03(木) 10:53:17.66ID:hG5ejj/S
バカでは稼げなくなった「米国株」

180山師さん2019/01/06(日) 22:58:23.29ID:uPvn/jiR
意識低い系は何やってもダメだな、ろくでもない人間として終わる
金を浪費して借金地獄、ギャンブル狂、ホスト狂、アルコール中毒、麻薬中毒
クズどもと関わり金銭トラブルから犯罪者になり刑務所いきだ

意識高い系の俺様は高学歴、イケメン勝ち組モテモテ、レベル低いのは相手にしない
常に努力して世界一を目指しているセレブ系インテリ だ

181山師さん2019/01/07(月) 11:45:33.41ID:31oTFaY6
こいつなんでしょーもない服屋に噛み付くの?
服屋の株なんて持ってねえだろ

182山師さん2019/01/12(土) 13:44:57.61ID:zIRyVxPp
アフィカスはWeb収入板に行けよ

183山師さん2019/01/19(土) 17:36:18.86ID:X9ezvOC0
S&P500どころか高配当株ETFに対してすら、アンダーパフォームしてるのでは?

184山師さん2019/01/20(日) 11:16:25.25ID:czG1G3YJ
空飛ぶiPhone? 米有人宇宙船、無人試験飛行へ 操作はタッチパネル式
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547949270/
【便利】アリペイ、早稲田大学生協、食堂に導入・・・早稲田には3100人の中国人留学生が在籍している
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547949849/

新着レスの表示
レスを投稿する