【急騰】今買えばいい株8637 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1山師さん 転載ダメ©2ch.net (ワッチョイ 2f7c-XM3x)2017/08/09(水) 13:30:03.13ID:43o0gVQw0
実況はコチラへ
市況1板
http://hayabusa3.2ch.net/livemarket1/

・証券コード、銘柄名を併記してください。
・判断材料をできるだけ明確にお願いします。
・注目銘柄の事実に基づいた情報共有が目的なので、単なる買い煽りや自慰行為は控えてください。

*コテハンを付ける方は投資一般板やみんかぶ、ブログやツイッターを強く推奨しています。
*ブログの宣伝行為、スレの私物化は控えてください。
*コテハンなどの話は別のスレでお願いします。


●風説、店板、インサイダーなどの通報はこちら
証券取引等監視委員会 情報提供窓口 
https://www.fsa.go.jp/sesc/watch/index.html

〇2ちゃんねる初心者の方は必ず使用上のお約束をお読みください。
http://info.2ch.net/guide/faq.html#B0

避難所
http://jbbs.shitaraba.net/business/5380/

●次スレは原則>>700が立てること。
※スレ番が正しいか確認してから立てること
※700がスレ立てできないことが分かった時点、或いは800以降次スレがなければ有志が立てること
 (乱立防止のためスレ立て宣言推奨)
※スレタイに特定の銘柄名をつけるのはやめましょう。トラブルの原因です。
※スレタイの先頭には【急騰】を、途中には通し番号をつけるのをお忘れなく。
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

952山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:24:50.66ID:JAz41hvr0
 その頃ころの新聞は実際田舎いなかものには日ごとに待ち受けられるような記事ばかりあった。私は父
の枕元に坐って鄭寧ていねいにそれを読んだ。読む時間のない時は、そっと自分の室へやへ持って来て、
残らず眼を通した。私の眼は長い間、軍服を着た乃木大将と、それから官女かんじょみたような服装なり

953山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:25:06.68ID:JAz41hvr0
をしたその夫人の姿を忘れる事ができなかった。
 悲痛な風が田舎の隅まで吹いて来て、眠たそうな樹きや草を震わせている最中さいちゅうに、突然私は
一通の電報を先生から受け取った。洋服を着た人を見ると犬が吠ほえるような所では、一通の電報すら大

954山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:25:22.68ID:JAz41hvr0
事件であった。それを受け取った母は、はたして驚いたような様子をして、わざわざ私を人のいない所へ
呼び出した。
「何だい」といって、私の封を開くのを傍そばに立って待っていた。

955山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:25:38.72ID:JAz41hvr0
 電報にはちょっと会いたいが来られるかという意味が簡単に書いてあった。私は首を傾けた。
「きっとお頼たのもうしておいた口の事だよ」と母が推断してくれた。
 私もあるいはそうかも知れないと思った。しかしそれにしては少し変だとも考えた。とにかく兄や妹い

956山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:25:54.69ID:JAz41hvr0
もとの夫まで呼び寄せた私が、父の病気を打遣うちやって、東京へ行く訳には行かなかった。私は母と相
談して、行かれないという返電を打つ事にした。できるだけ簡略な言葉で父の病気の危篤きとくに陥りつ
つある旨むねも付け加えたが、それでも気が済まなかったから、委細いさい手紙として、細かい事情をそ

957山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:26:10.70ID:JAz41hvr0
の日のうちに認したためて郵便で出した。頼んだ位地の事とばかり信じ切った母は、「本当に間まの悪い
時は仕方のないものだね」といって残念そうな顔をした。

958山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:26:26.70ID:JAz41hvr0
十三

 私わたくしの書いた手紙はかなり長いものであった。母も私も今度こそ先生から何とかいって来るだろ

959山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:26:42.83ID:JAz41hvr0
うと考えていた。すると手紙を出して二日目にまた電報が私宛あてで届いた。それには来ないでもよろし
いという文句だけしかなかった。私はそれを母に見せた。
「大方おおかた手紙で何とかいってきて下さるつもりだろうよ」

960山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:26:58.70ID:JAz41hvr0
 母はどこまでも先生が私のために衣食の口を周旋してくれるものとばかり解釈しているらしかった。私
もあるいはそうかとも考えたが、先生の平生から推おしてみると、どうも変に思われた。「先生が口を探
してくれる」。これはあり得うべからざる事のように私には見えた。

961山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:27:14.72ID:JAz41hvr0
「とにかく私の手紙はまだ向うへ着いていないはずだから、この電報はその前に出したものに違いないで
すね」
 私は母に向かってこんな分り切った事をいった。母はまたもっともらしく思案しながら「そうだね」と

962山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:27:30.72ID:JAz41hvr0
答えた。私の手紙を読まない前に、先生がこの電報を打ったという事が、先生を解釈する上において、何
の役にも立たないのは知れているのに。
 その日はちょうど主治医が町から院長を連れて来るはずになっていたので、母と私はそれぎりこの事件

963山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:27:46.73ID:JAz41hvr0
について話をする機会がなかった。二人の医者は立ち合いの上、病人に浣腸かんちょうなどをして帰って
行った。
 父は医者から安臥あんがを命ぜられて以来、両便とも寝たまま他ひとの手で始末してもらっていた。潔

964山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:28:02.72ID:JAz41hvr0
癖な父は、最初の間こそ甚はなはだしくそれを忌いみ嫌ったが、身体からだが利きかないので、やむを得
ずいやいや床とこの上で用を足した。それが病気の加減で頭がだんだん鈍くなるのか何だか、日を経ふる
に従って、無精な排泄はいせつを意としないようになった。たまには蒲団ふとんや敷布を汚して、傍はた

965山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:28:18.73ID:JAz41hvr0
のものが眉まゆを寄せるのに、当人はかえって平気でいたりした。もっとも尿の量は病気の性質として、
極めて少なくなった。医者はそれを苦にした。食欲も次第に衰えた。たまに何か欲しがっても、舌が欲し
がるだけで、咽喉のどから下へはごく僅わずかしか通らなかった。好きな新聞も手に取る気力がなくなっ

966山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:28:34.74ID:JAz41hvr0
た。枕まくらの傍そばにある老眼鏡ろうがんきょうは、いつまでも黒い鞘さやに納められたままであった
。子供の時分から仲の好かった作さくさんという今では一里りばかり隔たった所に住んでいる人が見舞に
来た時、父は「ああ作さんか」といって、どんよりした眼を作さんの方に向けた。

967山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:28:50.74ID:JAz41hvr0
「作さんよく来てくれた。作さんは丈夫で羨うらやましいね。己おれはもう駄目だめだ」
「そんな事はないよ。お前なんか子供は二人とも大学を卒業するし、少しぐらい病気になったって、申し
分はないんだ。おれをご覧よ。かかあには死なれるしさ、子供はなしさ。ただこうして生きているだけの

968山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:29:06.75ID:JAz41hvr0
事だよ。達者だって何の楽しみもないじゃないか」
 浣腸かんちょうをしたのは作さんが来てから二、三日あとの事であった。父は医者のお蔭かげで大変楽
になったといって喜んだ。少し自分の寿命に対する度胸ができたという風ふうに機嫌が直った。傍そばに

969山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:29:22.75ID:JAz41hvr0
いる母は、それに釣り込まれたのか、病人に気力を付けるためか、先生から電報のきた事を、あたかも私
の位置が父の希望する通り東京にあったように話した。傍そばにいる私はむずがゆい心持がしたが、母の
言葉を遮さえぎる訳にもゆかないので、黙って聞いていた。病人は嬉うれしそうな顔をした。

970山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:29:38.76ID:JAz41hvr0
「そりゃ結構です」と妹いもとの夫もいった。
「何の口だかまだ分らないのか」と兄が聞いた。
 私は今更それを否定する勇気を失った。自分にも何とも訳の分らない曖昧あいまいな返事をして、わざ

971山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:30:10.77ID:JAz41hvr0
 父の病気は最後の一撃を待つ間際まぎわまで進んで来て、そこでしばらく躊躇ちゅうちょするようにみ
えた。家のものは運命の宣告が、今日下くだるか、今日下るかと思って、毎夜床とこにはいった。

972山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:30:26.88ID:JAz41hvr0
 父は傍はたのものを辛つらくするほどの苦痛をどこにも感じていなかった。その点になると看病はむし
ろ楽であった。要心のために、誰か一人ぐらいずつ代る代る起きてはいたが、あとのものは相当の時間に
各自めいめいの寝床へ引き取って差支さしつかえなかった。何かの拍子で眠れなかった時、病人の唸うな

973山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:30:42.78ID:JAz41hvr0
るような声を微かすかに聞いたと思い誤った私わたくしは、一遍ぺん半夜よなかに床を抜け出して、念の
ため父の枕元まくらもとまで行ってみた事があった。その夜よは母が起きている番に当っていた。しかし
その母は父の横に肱ひじを曲げて枕としたなり寝入っていた。父も深い眠りの裏うちにそっと置かれた人

974山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:30:58.78ID:JAz41hvr0
のように静かにしていた。私は忍び足でまた自分の寝床へ帰った。
 私は兄といっしょの蚊帳かやの中に寝た。妹いもとの夫だけは、客扱いを受けているせいか、独り離れ
た座敷に入いって休んだ。

975山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:31:14.80ID:JAz41hvr0
「関せきさんも気の毒だね。ああ幾日も引っ張られて帰れなくっちゃあ」
 関というのはその人の苗字みょうじであった。
「しかしそんな忙しい身体からだでもないんだから、ああして泊っていてくれるんでしょう。関さんより

976山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:31:30.79ID:JAz41hvr0
も兄さんの方が困るでしょう、こう長くなっちゃ」
「困っても仕方がない。外ほかの事と違うからな」
 兄と床とこを並べて寝る私は、こんな寝物語をした。兄の頭にも私の胸にも、父はどうせ助からないと

977山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:31:46.80ID:JAz41hvr0
いう考えがあった。どうせ助からないものならばという考えもあった。我々は子として親の死ぬのを待っ
ているようなものであった。しかし子としての我々はそれを言葉の上に表わすのを憚はばかった。そうし
てお互いにお互いがどんな事を思っているかをよく理解し合っていた。

978山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:32:02.81ID:JAz41hvr0
「お父さんは、まだ治る気でいるようだな」と兄が私にいった。
 実際兄のいう通りに見えるところもないではなかった。近所のものが見舞にくると、父は必ず会うとい
って承知しなかった。会えばきっと、私の卒業祝いに呼ぶ事ができなかったのを残念がった。その代り自

979山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:32:18.81ID:JAz41hvr0
分の病気が治ったらというような事も時々付け加えた。
「お前の卒業祝いは已やめになって結構だ。おれの時には弱ったからね」と兄は私の記憶を突ッついた。
私はアルコールに煽あおられたその時の乱雑な有様を想おもい出して苦笑した。飲むものや食うものを強

980山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:32:34.81ID:JAz41hvr0
しいて廻まわる父の態度も、にがにがしく私の眼に映った。
 私たちはそれほど仲の好いい兄弟ではなかった。小ちさいうちは好よく喧嘩けんかをして、年の少ない
私の方がいつでも泣かされた。学校へはいってからの専門の相違も、全く性格の相違から出ていた。大学

981山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:32:50.83ID:JAz41hvr0
にいる時分の私は、ことに先生に接触した私は、遠くから兄を眺ながめて、常に動物的だと思っていた。
私は長く兄に会わなかったので、また懸け隔たった遠くにいたので、時からいっても距離からいっても、
兄はいつでも私には近くなかったのである。それでも久しぶりにこう落ち合ってみると、兄弟の優やさし

982山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:33:22.93ID:JAz41hvr0
「一体家うちの財産はどうなってるんだろう」
「おれは知らない。お父さんはまだ何ともいわないから。しかし財産っていったところで金としては高た
かの知れたものだろう」

983山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:33:38.89ID:JAz41hvr0
 母はまた母で先生の返事の来るのを苦にしていた。
「まだ手紙は来ないかい」と私を責めた。

984山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:33:54.84ID:JAz41hvr0
十五

「先生先生というのは一体誰だれの事だい」と兄が聞いた。

985山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:34:10.84ID:JAz41hvr0
「こないだ話したじゃないか」と私わたくしは答えた。私は自分で質問をしておきながら、すぐ他ひとの
説明を忘れてしまう兄に対して不快の念を起した。
「聞いた事は聞いたけれども」

986山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:34:26.86ID:JAz41hvr0
 兄は必竟ひっきょう聞いても解わからないというのであった。私から見ればなにも無理に先生を兄に理
解してもらう必要はなかった。けれども腹は立った。また例の兄らしい所が出て来たと思った。
 先生先生と私が尊敬する以上、その人は必ず著名の士でなくてはならないように兄は考えていた。少な

987山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:34:42.85ID:JAz41hvr0
くとも大学の教授ぐらいだろうと推察していた。名もない人、何もしていない人、それがどこに価値をも
っているだろう。兄の腹はこの点において、父と全く同じものであった。けれども父が何もできないから
遊んでいるのだと速断するのに引きかえて、兄は何かやれる能力があるのに、ぶらぶらしているのは詰つ

988山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:34:58.87ID:JAz41hvr0
まらん人間に限るといった風ふうの口吻こうふんを洩もらした。
「イゴイストはいけないね。何もしないで生きていようというのは横着な了簡りょうけんだからね。人は
自分のもっている才能をできるだけ働かせなくっちゃ嘘うそだ」

989山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:35:14.96ID:JAz41hvr0
 私は兄に向かって、自分の使っているイゴイストという言葉の意味がよく解わかるかと聞き返してやり
たかった。
「それでもその人のお蔭かげで地位ができればまあ結構だ。お父とうさんも喜んでるようじゃないか」

990山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:35:30.86ID:JAz41hvr0
 兄は後からこんな事をいった。先生から明瞭めいりょうな手紙の来ない以上、私はそう信ずる事もでき
ず、またそう口に出す勇気もなかった。それを母の早呑はやのみ込こみでみんなにそう吹聴ふいちょうし
てしまった今となってみると、私は急にそれを打ち消す訳に行かなくなった。私は母に催促されるまでも

991山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:35:46.98ID:JAz41hvr0
なく、先生の手紙を待ち受けた。そうしてその手紙に、どうかみんなの考えているような衣食の口の事が
書いてあればいいがと念じた。私は死に瀕ひんしている父の手前、その父に幾分でも安心させてやりたい
と祈りつつある母の手前、働かなければ人間でないようにいう兄の手前、その他た妹いもとの夫だの伯父

992山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:36:02.91ID:JAz41hvr0
おじだの叔母おばだのの手前、私のちっとも頓着とんじゃくしていない事に、神経を悩まさなければなら
なかった。
 父が変な黄色いものも嘔はいた時、私はかつて先生と奥さんから聞かされた危険を思い出した。「ああ

993山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:36:18.92ID:JAz41hvr0
して長く寝ているんだから胃も悪くなるはずだね」といった母の顔を見て、何も知らないその人の前に涙
ぐんだ。
 兄と私が茶の間で落ち合った時、兄は「聞いたか」といった。それは医者が帰り際に兄に向っていった

994山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:36:34.89ID:JAz41hvr0
事を聞いたかという意味であった。私には説明を待たないでもその意味がよく解っていた。
「お前ここへ帰って来て、宅うちの事を監理する気がないか」と兄が私を顧みた。私は何とも答えなかっ
た。

995山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:36:50.89ID:JAz41hvr0
「お母さん一人じゃ、どうする事もできないだろう」と兄がまたいった。兄は私を土の臭においを嗅かい
で朽ちて行っても惜しくないように見ていた。
「本を読むだけなら、田舎いなかでも充分できるし、それに働く必要もなくなるし、ちょうど好いいだろ

996山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:37:06.91ID:JAz41hvr0
う」
「兄さんが帰って来るのが順ですね」と私がいった。
「おれにそんな事ができるものか」と兄は一口ひとくちに斥しりぞけた。兄の腹の中には、世の中でこれ

997山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:37:23.01ID:JAz41hvr0
から仕事をしようという気が充みち満みちていた。
「お前がいやなら、まあ伯父さんにでも世話を頼むんだが、それにしてもお母さんはどっちかで引き取ら
なくっちゃなるまい」

998山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:37:38.91ID:JAz41hvr0
「お母さんがここを動くか動かないかがすでに大きな疑問ですよ」
 兄弟はまだ父の死なない前から、父の死んだ後あとについて、こんな風に語り合った。

999山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:37:54.93ID:JAz41hvr0
十六

 父は時々囈語うわことをいうようになった。

1000山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 18:38:10.92ID:JAz41hvr0
「乃木大将のぎたいしょうに済まない。実に面目次第めんぼくしだいがない。いえ私もすぐお後あとから

 こんな言葉をひょいひょい出した。母は気味を悪がった。なるべくみんなを枕元まくらもとへ集めてお

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 42日 5時間 8分 8秒

10021002Over 1000Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。