【急騰】今買えばいい株8230【】 [無断転載禁止]©2ch.net

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。
1山師さん 転載ダメ©2ch.net (ワッチョイ 2b7c-MEI2)2017/06/19(月) 10:41:07.43ID:k9aBfot40

※※※ 実況はコチラへ ※※※
市況1板
http://hayabusa3.2ch.net/livemarket1/

・コテは無視しましょう。荒らしに構う奴も荒らしです。
・証券コード、銘柄名を併記してください。
・判断材料をできるだけ明確にお願いします。
・注目銘柄の事実に基づいた情報共有が目的なので、単なる買い煽りや自慰行為は控えてください。

*コテハンを付ける方は投資一般板やみんかぶ、ブログやツイッターを強く推奨しています。
*ブログの宣伝行為、スレの私物化は控えてください。


避難所
http://jbbs.shitaraba.net/business/5380/

●2ちゃんねる初心者の方は必ず使用上のお約束をお読みください。
http://info.2ch.net/guide/faq.html#B0
●次スレは原則>>700が立てること。>>750>>800は補欠で待機。
900までに700,750,800がスレ立てできなかったら、有志がスレ立て宣言してスレ立てよろ。
※立てる前にスレ立て宣言推奨(スレ乱立防止のため)
※スレ一覧リロードで重複確認必須、スレ番が正しいか確認してから立てること。
※スレタイに特定の銘柄名をつけるのはやめましょう。トラブルの原因です。
※スレタイの先頭には【急騰】を、途中には通し番号をつけるのをお忘れなく。
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

952山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:49:07.58ID:JAz41hvr0
「もう帰るのかい、まだ早いじゃないか」と母がいった。
「まだ四、五日いても間に合うんだろう」と父がいった。
 私は自分の極きめた出立しゅったつの日を動かさなかった。

953山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:49:23.66ID:JAz41hvr0
二十四

954山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:49:39.67ID:JAz41hvr0
 東京へ帰ってみると、松飾まつかざりはいつか取り払われていた。町は寒い風の吹くに任せて、どこを
見てもこれというほどの正月めいた景気はなかった。
 私わたくしは早速さっそく先生のうちへ金を返しに行った。例の椎茸しいたけもついでに持って行った

955山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:49:55.67ID:JAz41hvr0
。ただ出すのは少し変だから、母がこれを差し上げてくれといいましたとわざわざ断って奥さんの前へ置
いた。椎茸は新しい菓子折に入れてあった。鄭寧ていねいに礼を述べた奥さんは、次の間まへ立つ時、そ
の折を持って見て、軽いのに驚かされたのか、「こりゃ何の御菓子おかし」と聞いた。奥さんは懇意にな

956山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:50:11.55ID:JAz41hvr0
ると、こんなところに極きわめて淡泊たんぱくな小供こどもらしい心を見せた。
 二人とも父の病気について、色々掛念けねんの問いを繰り返してくれた中に、先生はこんな事をいった

957山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:50:27.56ID:JAz41hvr0
「なるほど容体ようだいを聞くと、今が今どうという事もないようですが、病気が病気だからよほど気を
つけないといけません」
 先生は腎臓じんぞうの病やまいについて私の知らない事を多く知っていた。

958山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:50:43.59ID:JAz41hvr0
「自分で病気に罹かかっていながら、気が付かないで平気でいるのがあの病の特色です。私の知ったある
士官しかんは、とうとうそれでやられたが、全く嘘うそのような死に方をしたんですよ。何しろ傍そばに
寝ていた細君さいくんが看病をする暇もなんにもないくらいなんですからね。夜中にちょっと苦しいとい

959山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:50:59.73ID:JAz41hvr0
って、細君を起したぎり、翌あくる朝はもう死んでいたんです。しかも細君は夫が寝ているとばかり思っ
てたんだっていうんだから」
 今まで楽天的に傾いていた私は急に不安になった。

960山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:51:15.63ID:JAz41hvr0
「私の父おやじもそんなになるでしょうか。ならんともいえないですね」
「医者は何というのです」
「医者は到底とても治らないというんです。けれども当分のところ心配はあるまいともいうんです」

961山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:51:31.64ID:JAz41hvr0
「それじゃ好いいでしょう。医者がそういうなら。私の今話したのは気が付かずにいた人の事で、しかも
それがずいぶん乱暴な軍人なんだから」
 私はやや安心した。私の変化を凝じっと見ていた先生は、それからこう付け足した。

962山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:51:47.75ID:JAz41hvr0
「しかし人間は健康にしろ病気にしろ、どっちにしても脆もろいものですね。いつどんな事でどんな死に
ようをしないとも限らないから」
「先生もそんな事を考えてお出いでですか」

963山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:52:03.66ID:JAz41hvr0
「いくら丈夫の私でも、満更まんざら考えない事もありません」
 先生の口元には微笑の影が見えた。
「よくころりと死ぬ人があるじゃありませんか。自然に。それからあっと思う間まに死ぬ人もあるでしょ

964山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:52:19.65ID:JAz41hvr0
う。不自然な暴力で」
「不自然な暴力って何ですか」
「何だかそれは私にも解わからないが、自殺する人はみんな不自然な暴力を使うんでしょう」

965山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:52:35.72ID:JAz41hvr0
「すると殺されるのも、やはり不自然な暴力のお蔭かげですね」
「殺される方はちっとも考えていなかった。なるほどそういえばそうだ」
 その日はそれで帰った。帰ってからも父の病気はそれほど苦にならなかった。先生のいった自然に死ぬ

966山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:52:51.71ID:JAz41hvr0
とか、不自然の暴力で死ぬとかいう言葉も、その場限りの浅い印象を与えただけで、後あとは何らのこだ
わりを私の頭に残さなかった。私は今まで幾度いくたびか手を着けようとしては手を引っ込めた卒業論文
を、いよいよ本式に書き始めなければならないと思い出した。

967山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:53:07.82ID:JAz41hvr0
二十五

968山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:53:23.86ID:JAz41hvr0
 その年の六月に卒業するはずの私わたくしは、ぜひともこの論文を成規通せいきどおり四月いっぱいに
書き上げてしまわなければならなかった。二、三、四と指を折って余る時日を勘定して見た時、私は少し
自分の度胸を疑うたぐった。他ほかのものはよほど前から材料を蒐あつめたり、ノートを溜ためたりして

969山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:53:39.77ID:JAz41hvr0
、余所目よそめにも忙いそがしそうに見えるのに、私だけはまだ何にも手を着けずにいた。私にはただ年
が改まったら大いにやろうという決心だけがあった。私はその決心でやり出した。そうして忽たちまち動
けなくなった。今まで大きな問題を空くうに描えがいて、骨組みだけはほぼでき上っているくらいに考え

970山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:53:55.77ID:JAz41hvr0
ていた私は、頭を抑おさえて悩み始めた。私はそれから論文の問題を小さくした。そうして練り上げた思
想を系統的に纏まとめる手数を省くために、ただ書物の中にある材料を並べて、それに相当な結論をちょ
っと付け加える事にした。

971山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:54:11.76ID:JAz41hvr0
 私の選択した問題は先生の専門と縁故の近いものであった。私がかつてその選択について先生の意見を
尋ねた時、先生は好いいでしょうといった。狼狽ろうばいした気味の私は、早速さっそく先生の所へ出掛
けて、私の読まなければならない参考書を聞いた。先生は自分の知っている限りの知識を、快く私に与え

972山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:54:27.75ID:JAz41hvr0
てくれた上に、必要の書物を、二、三冊貸そうといった。しかし先生はこの点について毫ごうも私を指導
する任に当ろうとしなかった。
「近頃ちかごろはあんまり書物を読まないから、新しい事は知りませんよ。学校の先生に聞いた方が好い

973山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:54:43.85ID:JAz41hvr0
でしょう」
 先生は一時非常の読書家であったが、その後ごどういう訳か、前ほどこの方面に興味が働かなくなった
ようだと、かつて奥さんから聞いた事があるのを、私はその時ふと思い出した。私は論文をよそにして、

974山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:54:59.70ID:JAz41hvr0
そぞろに口を開いた。
「先生はなぜ元のように書物に興味をもち得ないんですか」
「なぜという訳もありませんが。……つまりいくら本を読んでもそれほどえらくならないと思うせいでし

975山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:55:15.84ID:JAz41hvr0
ょう。それから……」
「それから、まだあるんですか」
「まだあるというほどの理由でもないが、以前はね、人の前へ出たり、人に聞かれたりして知らないと恥

976山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:55:31.85ID:JAz41hvr0
のようにきまりが悪かったものだが、近頃は知らないという事が、それほどの恥でないように見え出した
ものだから、つい無理にも本を読んでみようという元気が出なくなったのでしょう。まあ早くいえば老い
込んだのです」

977山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:55:47.77ID:JAz41hvr0
 先生の言葉はむしろ平静であった。世間に背中を向けた人の苦味くみを帯びていなかっただけに、私に
はそれほどの手応てごたえもなかった。私は先生を老い込んだとも思わない代りに、偉いとも感心せずに
帰った。

978山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:56:03.77ID:JAz41hvr0
 それからの私はほとんど論文に祟たたられた精神病者のように眼を赤くして苦しんだ。私は一年前ぜん
に卒業した友達について、色々様子を聞いてみたりした。そのうちの一人いちにんは締切しめきりの日に
車で事務所へ馳かけつけて漸ようやく間に合わせたといった。他の一人は五時を十五分ほど後おくらして

979山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:56:19.81ID:JAz41hvr0
持って行ったため、危あやうく跳はね付けられようとしたところを、主任教授の好意でやっと受理しても
らったといった。私は不安を感ずると共に度胸を据すえた。毎日机の前で精根のつづく限り働いた。でな
ければ、薄暗い書庫にはいって、高い本棚のあちらこちらを見廻みまわした。私の眼は好事家こうずかが

980山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:56:35.81ID:JAz41hvr0
骨董こっとうでも掘り出す時のように背表紙の金文字をあさった。
 梅が咲くにつけて寒い風は段々向むきを南へ更かえて行った。それが一仕切ひとしきり経たつと、桜の
噂うわさがちらほら私の耳に聞こえ出した。それでも私は馬車馬のように正面ばかり見て、論文に鞭むち

981山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:56:51.76ID:JAz41hvr0
うたれた。私はついに四月の下旬が来て、やっと予定通りのものを書き上げるまで、先生の敷居を跨また
がなかった。

982山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:57:07.81ID:JAz41hvr0
二十六

 私わたくしの自由になったのは、八重桜やえざくらの散った枝にいつしか青い葉が霞かすむように伸び

983山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:57:23.81ID:JAz41hvr0
始める初夏の季節であった。私は籠かごを抜け出した小鳥の心をもって、広い天地を一目ひとめに見渡し
ながら、自由に羽搏はばたきをした。私はすぐ先生の家うちへ行った。枳殻からたちの垣が黒ずんだ枝の
上に、萌もえるような芽を吹いていたり、柘榴ざくろの枯れた幹から、つやつやしい茶褐色の葉が、柔ら

984山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:57:39.81ID:JAz41hvr0
かそうに日光を映していたりするのが、道々私の眼を引き付けた。私は生れて初めてそんなものを見るよ
うな珍しさを覚えた。
 先生は嬉うれしそうな私の顔を見て、「もう論文は片付いたんですか、結構ですね」といった。私は「

985山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:57:55.96ID:JAz41hvr0
お蔭かげでようやく済みました。もう何にもする事はありません」といった。
 実際その時の私は、自分のなすべきすべての仕事がすでに結了けつりょうして、これから先は威張って
遊んでいても構わないような晴やかな心持でいた。私は書き上げた自分の論文に対して充分の自信と満足

986山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:58:11.80ID:JAz41hvr0
をもっていた。私は先生の前で、しきりにその内容を喋々ちょうちょうした。先生はいつもの調子で、「
なるほど」とか、「そうですか」とかいってくれたが、それ以上の批評は少しも加えなかった。私は物足
りないというよりも、聊いささか拍子抜けの気味であった。それでもその日私の気力は、因循いんじゅん

987山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:58:27.82ID:JAz41hvr0
らしく見える先生の態度に逆襲を試みるほどに生々いきいきしていた。私は青く蘇生よみがえろうとする
大きな自然の中に、先生を誘い出そうとした。
「先生どこかへ散歩しましょう。外へ出ると大変好いい心持です」

988山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 10:58:43.93ID:JAz41hvr0
「どこへ」
 私はどこでも構わなかった。ただ先生を伴つれて郊外へ出たかった。
 一時間の後のち、先生と私は目的どおり市を離れて、村とも町とも区別の付かない静かな所を宛あても

989山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:02:59.95ID:JAz41hvr0
なく歩いた。私はかなめの垣から若い柔らかい葉を※(「てへん+劣」、第3水準1-84-77)もぎ
取って芝笛しばぶえを鳴らした。ある鹿児島人かごしまじんを友達にもって、その人の真似まねをしつつ
自然に習い覚えた私は、この芝笛というものを鳴らす事が上手であった。私が得意にそれを吹きつづける

990山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:03:16.06ID:JAz41hvr0
と、先生は知らん顔をしてよそを向いて歩いた。
 やがて若葉に鎖とざされたように蓊欝こんもりした小高い一構ひとかまえの下に細い路みちが開ひらけ
た。門の柱に打ち付けた標札に何々園とあるので、その個人の邸宅でない事がすぐ知れた。先生はだらだ

991山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:03:31.99ID:JAz41hvr0
ら上のぼりになっている入口を眺ながめて、「はいってみようか」といった。私はすぐ「植木屋ですね」
と答えた。
 植込うえこみの中を一ひとうねりして奥へ上のぼると左側に家うちがあった。明け放った障子しょうじ

992山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:03:47.98ID:JAz41hvr0
の内はがらんとして人の影も見えなかった。ただ軒先のきさきに据えた大きな鉢の中に飼ってある金魚が
動いていた。
「静かだね。断わらずにはいっても構わないだろうか」

993山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:04:03.97ID:JAz41hvr0
「構わないでしょう」
 二人はまた奥の方へ進んだ。しかしそこにも人影は見えなかった。躑躅つつじが燃えるように咲き乱れ
ていた。先生はそのうちで樺色かばいろの丈たけの高いのを指して、「これは霧島きりしまでしょう」と

994山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:04:20.07ID:JAz41hvr0
いった。
 芍薬しゃくやくも十坪とつぼあまり一面に植え付けられていたが、まだ季節が来ないので花を着けてい
るのは一本もなかった。この芍薬畠ばたけの傍そばにある古びた縁台のようなものの上に先生は大の字な

995山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:04:36.01ID:JAz41hvr0
りに寝た。私はその余った端はじの方に腰をおろして烟草タバコを吹かした。先生は蒼あおい透すき徹と
おるような空を見ていた。私は私を包む若葉の色に心を奪われていた。その若葉の色をよくよく眺ながめ
ると、一々違っていた。同じ楓かえでの樹きでも同じ色を枝に着けているものは一つもなかった。細い杉

996山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:04:52.10ID:JAz41hvr0
苗の頂いただきに投げ被かぶせてあった先生の帽子が風に吹かれて落ちた。

二十七

997山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:05:08.00ID:JAz41hvr0
 私わたくしはすぐその帽子を取り上げた。所々ところどころに着いている赤土を爪つめで弾はじきなが
ら先生を呼んだ。

998山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:05:24.08ID:JAz41hvr0
「先生帽子が落ちました」
「ありがとう」
 身体からだを半分起してそれを受け取った先生は、起きるとも寝るとも片付かないその姿勢のままで、

999山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:05:39.98ID:JAz41hvr0
変な事を私に聞いた。
「突然だが、君の家うちには財産がよっぽどあるんですか」
「あるというほどありゃしません」

1000山師さん (ワッチョイ 2b94-JEbx)2017/09/20(水) 11:05:55.98ID:JAz41hvr0
「まあどのくらいあるのかね。失礼のようだが」
「どのくらいって、山と田地でんぢが少しあるぎりで、金なんかまるでないんでしょう」
 先生が私の家いえの経済について、問いらしい問いを掛けたのはこれが始めてであった。私の方はまだ

10011001Over 1000Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
life time: 93日 0時間 24分 49秒

10021002Over 1000Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
https://premium.2ch.net/

▼ 浪人ログインはこちら ▼
https://login.2ch.net/login.php

レス数が1000を超えています。これ以上書き込みはできません。