●人宝を失うスピリチュアルな(霊かえり)スレ

1霊観点“かえり”の法則。(スレ2018/10/18(木) 00:34:20.53ID:blyHJgX2
人は何かを失えば、代わりの霊が来る。霊能力は、失いかけた人生や肉体、苦難に耐えた波乱の代償、恥痛などにもに耐えたものもあるかもしれない…。

授かった子を、失いし人(ら)は、ほかに何かのかえりを経験するケースがスピリチュアルでみても、なにかしらはありえるという観方スレ。

他人に人生を殺されて、生きてはいるものの…今までの苦痛に耐えるに足る、かえりを経験する人なども、命を失う奪われるよりは劣るか否か。あるという…。

故意にひとを傷つけたり殺めたりすれば、スピリチュアル的には裁きにあう。とされ、厳罰は本人か、本人たちにしかわからないように処されるものもあるという。

あくまでも、かえり、はあるのかどうかの視点で、良くも悪くも人の何かを奪ったり失ったりすればさせればの視点観点の話であり、その後かえりの真相は…

やはり、ほんにんたちにしか、実感がわかないようにわからないように、かえる。ものが、ひとそれぞれ…あるという話をスレネタとして書いてみた。

フラットに考えてみて、人や動物をいじめてはいけないことが、このスレの↑をみて、おわかりになるだろうか。…、ということも書いておきます。

何かを与えても、霊観点“なにかがかえる”霊かえりのイジメや失いの逆の観方で、後かえりのよいわるい(良い方とうーんなほう…)を書くと、

後々かえるなにかが本人たちにしかわからないもの、与えてもいないのに現実の物理のかえりではない与えられのみで生き生活していく“かえり”の観点を言うと、

与えれば、物理はかえってはこないことばかりだが、なにかはある。与えられていれば、物理を受け取りすぎている…ことによる、うーん…なほうはありえるのか。

世のこわーいmm・・・な部分、言うと、かえりとはお守りや守護される。逆に、あくいひとにきをつけないといけない…うーん…なひとたちは、仕事をしないと?

あたえものを、していかないと…うーん…人生損をしますよ。という、言い方だけにしておきますが、めに観えぬ霊則 があり得るならば、適度に出す…適度にワーク

していく…ということを、ひとはだれしもm、していった方がmm・・・やはり、いいのではなかろうか?という、じじいの観点を言います。書きます。な。

ボランティアは宗教だ!として、妨害する事もイジメであり攻撃サイドである。やめたほうがよく、いざこざいに巻き込まれないように守護されて生きるには、

やはり、温和や平和をひとにあたえ、そうすることが、自らをも守る。〜うしなうものがある(あった)ひとたちも、その苦難や失にみあう霊かえりの…もまた…然り〜

いざこざに、ふしぎとね。巻き込まれたり、あくいの他害にあいにくい人は、いる。そういう人は、過去に代償があるばあい、前世からの継続のばあい。今世での…

ね。

ひとひとには、ね。与え続けるばっかりや、そのひとたちのサイクルが渦の流のようにあるならば、みんな守られて生きられていく。そういった〜少し厳しめの幸せの法厳則〜

他害なく、いきましょう!みんな。   それが、自らをも、、うしなうことの防止にもなりますから、ボランティアですよ。←みんな、一生涯与ボランティアをやっていきましょう。

ひとはだれしも→ボランティアしたほうが、人生お勧めです。慈善活動系すべて一生涯やっていきま(しょう!)推薦スレ、ノシ

新着レスの表示
レスを投稿する