【LGA1151】Intel CoffeeLake Part66【14nm+】

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
717Socket774 (ワッチョイ a673-3z8e)2019/01/12(土) 10:13:54.95ID:NHwuBiHw0
私はicelakeのIPCが大きく向上している事をArchitecture Day以前に指摘したが、殆どの人は信じていなかったのではないか
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/jisaku/1542089427/2
その時は計算上は+26%の結果が出ている
https://i.imgur.com/ONDqmuz.png

そして1/9にGeekbenchに登録された内容でも、IPCが大きく向上している事が確認できた
・比較は同じverのベンチソフトとOSで行い、その中で8559Uは登録スコアの高いものを使用している
・icelakeは最大2.29GHzの表示あり
・マルチはicelakeの全コアが不明なのでシングルのみで比較
https://browser.geekbench.com/v4/cpu/compare/11592290?baseline=11585297
比較画像
https://i.imgur.com/y7XObdG.png
右端のicelakeは定格以外が不明なので参考数値であるが、中央の整数演算の大きな落ち込みがCPU原因ではなく、開発中(dell BIOS 0.0.3)の本体側にある事が予想できるだろう(上のuser benchmarkでも整数演算は+32%)
恐らくIPCは平均20%以上あがると思われるので、icelakeで4.7GHzであれば+20%でceffeelakeの5.6GHz、+26%であれば5.99GHz相当を期待できる

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています