【航空】三菱航空機社長、MRJの海外生産「将来の選択肢」 名称変更の検討も表明【開発方針がダッチロール】

1へっぽこ立て子@エリオット ★2019/06/07(金) 14:25:00.06ID:CAP_USER
国産ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を開発中の三菱航空機(愛知県豊山町)は7日、名古屋市内で記者会見し、70席級の新機種を投入する方針を示した。水谷和久社長は海外生産については「将来の選択肢としてあり得る」と述べた。主なやり取りは以下の通り。

――17日からパリ航空ショーが開かれます。

水谷氏「(航空ショーでは)市場に投入するならどういう物が良いか構想を話す。模型などいろいろなツールを使って説明できればと思う。70席級の検討と併せて(MRJという)名称(の変更)も検討している」

――海外生産は。

水谷氏「事業が軌道に乗って量産が本格化し、一つの製造ラインでは追いつかず、2つの製造ラインが必要となれば、将来の選択肢としてはあり得る話。今の時点では考えていない」

「我々は日本で今後もやっていく。どうやって日本から世界の市場に良い航空機を提供するかを考える。日本の会社がどうやって航空機を開発し、世界市場に提供するかに尽きる」

――海外に生産拠点を設けた場合、地元への影響は。

水谷氏「(海外拠点は)将来の事業によって判断する。日本をやめるということではない。海外市場をにらんで海外にも拠点を持つ必要があれば検討することになる」

――親会社の三菱重工業がカナダのボンバルディアと小型旅客機事業の買収を交渉している。

水谷氏「三菱重工が検討中で、答えが出ているわけでない。コメントは控えたい」

2019/6/7 13:58
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45818220X00C19A6L91000/

191名刺は切らしておりまして2019/07/15(月) 19:35:20.94ID:Cu/2F+En
(てねひ

192名刺は切らしておりまして2019/07/16(火) 21:12:52.32ID:fF7QmOcF
ひひひ

193名刺は切らしておりまして2019/07/17(水) 09:46:56.01ID:ErLj2wkN
>>185
無理、武器積めるほど大きくない。

194名刺は切らしておりまして2019/07/25(木) 22:44:06.49ID:7r21nLKE
yひゅ

195名刺は切らしておりまして2019/07/26(金) 09:17:58.86ID:VqcrkcaZ
MRJ納入19年に前倒し?三菱航空機仏技術者の力 フル活用
2017/6/14

三菱航空機の水谷社長は13日、国産小型ジェット旅客機「MRJ」のANAへの納入時期について
「2019年を念頭に置いて作業している」と20年半ばからの前倒しを目指す考えを示した。
量産初号機の納入時期は、5度目の延期で18年半ばから20年半ばに遅れた。
水谷社長は「めどが付いたと言えるほどではないが、社内では何とか19年に頑張ろうと話している」とした。
現在、今秋の完了予定で電気配線の見直しによる機体の設計変更作業を進めている。フランス企業とパートナー契約を結び
約20人の技術者を受け入れており「彼らの力をフル活用してきっちり仕上げたい」と強調した。

196名刺は切らしておりまして2019/07/27(土) 09:27:33.47ID:nkio5ixr
日本の技術臭

197名刺は切らしておりまして2019/07/27(土) 16:05:20.92ID:P8un3VsJ
>>171
コンテナを2階建にするのをダブルデッカーという。
ダブルデッカーは架線に引っかかるため電化路線では無理。
米国内ではボーイングとかが標準コンテナを上下左右に連結させた体積比で4倍のあり得ないような特殊コンテナを普通に鉄道輸送したりしてる。

198名刺は切らしておりまして2019/07/28(日) 15:32:47.17ID:Vg12mc71
── パリ航空ショーでANA塗装の機体を目にした感想は。
篠辺:工場ではなく、空港や滑走路でほかの飛行機と一緒にANA塗装のMRJが並んでいたので、非常に臨場感を持つことができた。
今までは三菱さんが作っているMRJ塗装の飛行機だったが、パリで見たのはANAが受領するであろう形の飛行機だった。
開発の進ちょくが大きく変わるわけではないのは承知しているが、ゴールに近づいているな、という思いになった。
今まではいろいろな事情でデリバリーの延期説明を受けていた。一方で、あそこまでプロジェクトが進んでますよというのがよく見えた。
おぉ、なるほどね、という感じだった。ぜひオリンピックまでにはよろしく、という気持ちだ。

── 東京オリンピックまでには受領したいか。
篠辺:可能な限り納期を少しでも早めたいというのが、三菱航空機の最新の計画。それをそのまま我々のほうでいろいろなイベントと重ねると
オリンピックが一つのターゲットにどうやらなるなと。
飛行機の塗装はどうあれ、そういう時期に飛行機がデリバリーされるなら、聖火リレーなどの可能性がある。
お客様を乗せられるかは、パイロットの慣熟などもあるのでなんとも言えないが。
本当にその時期で飛行機の完成度が高ければ、視野における。

── 1964年の東京オリンピックでは、YS-11が聖火を運んだ。
篠辺:そうだ。YS-11のオリンピア号という名前に対して、何か付けるのかと。受領の1年位前になると乗員訓練だなんだとあって、
飛行機の塗装も青塗装なのかと、我々の中でも議論することになるんじゃないか。
いつも新しい飛行機は、1機か2機は通常塗装ではないものをわれわれはやっている。もちろん(MRJは)「やらない」という判断もあるが
やるならどうするのかということだ。

── 現在のトリトンブルー塗装は767導入の時からだが、MRJから新塗装に変わるのか。
篠辺:それはわからない。今までそこまで突っ込んだ議論はできていない。受領する1号機や2号機を特別塗装にするかの議論もできてない。
たぶん営業サイドや宣伝サイドは、過去の資料をめくりながら考えるんじゃないか。
A380の塗装も、受領から逆算して発表した。A380は生産スケジュールの心配がいらないので、割と早い段階からアナウンスできた。
それでも(2019年春の就航予定から数えて)2年を切っている。
MRJは、2018年度中にはそうしたお話ができると一番いい。順調にいけば、この一年くらいで話が出る可能性が出てきた。
三菱重工や三菱航空機から、ANA塗装でパリへ持って行きたいというお話があったときわれわれとして異論はなかったので、
ご協力した。実機を見ると、実現に一歩近づいたという印象だった。
MRJ塗装の機体の時は、アメリカまで飛んでいても、そこまでは思わなかった。民間機のイメージよりは、開発機のイメージが強かった。
そういうのはあるんじゃないかな。

199名刺は切らしておりまして2019/07/28(日) 15:33:19.99ID:Vg12mc71
── 篠辺副会長は787導入も担当された。同じローンチカスタマーとして、MRJに対して787とは違うと感じたところはあったか。
篠辺:MRJ導入を決めた時は、企画の担当役員で取りまとめをしていた。787の時は立場が違い、技術部長としていろいろ調べていた。
787のほうは、導入検討から導入後の苦労まで、責任ある立場で経験できた機材。ほかにもいろいろな機種を会社に入って経験したが
圧倒的に良くも悪くも臨場感が強烈だった。
MRJは、せっかく発注したのに予定より遅れているが、日本初のジェット旅客機としての期待感がある。
現実のいろいろなことを経験していないという違いはあるが。
MRJは機種選定から関わっていたが、同じ条件なら日本製の飛行機を選びたいという気持ちは持ってしまう。
幸い、いろんな条件でMRJを選ぶのが一番という結論になったので、あまり感情面を出さずに行ったのは良かった。
その話と、ちゃんとした飛行機であるはずだから採用する、というのが、ごっちゃにならないようにしてきた。
情状で日本製の飛行機を選ぶ、とはいかない。
当時は787の納入が遅れていたので、MRJも多少は納入が遅れても、対応は十分できるようにしておいた。
飛行機の性能とは直接は関係ない。入ってくる時期の問題だけだからだ。そういう整理をして進めてきた。

── 787の経験が生きたということか。
篠辺:生かされている。787のローンチカスタマーの経験が、そのままMRJでも役立つに違いないと考え787で進行中だったものも
MRJのプロジェクトには入れ込んだ。
プロペラ機とジェット機の狭間を狙うという意味では、MRJは遅れても抑えようがある。一方で787は、767の後継機ということで
国内線用のものはリタイアする時期のおしりを見ながら進めていたので、環境は違った。

── 787は徐々に安定してきたが、狙い通りの機体と言えるか。
篠辺:整備にいた時に、767や777の導入があった。ローンチカスタマーである787とは違うが、777はローンチに近い状態で
他社とボーイングとのやりとりを横目で見ていた。
787で苦労したのは、初めからわかっていた部分も含め、新しい考え方やシステムだ。
ッテリーも、どの機種でも積んでいるが、リチウムイオン電池をあれだけ使ったのは787が初めて。残念ながらトラブルは起きたが
技術的に解決できることだった。エンジンも、開発過程から成熟するまでは時間がかかることを十分承知している。
お客様にご迷惑を掛けないために、常にエンジンを更新していけばいい。結果として、一時期に早く更新しなければならない状態になり
欠航が生じてしまったのは申し訳なかった。
整備にいつも言っているのは、“ダンゴ”にならないようにしようということ。ダンゴになれば一度に整備する機体が増え
欠航する確率が上がってしまう。それはほかの機種でも一緒だ。
技術部長時代、当時の防衛庁の研究所などに通ったのは、787のコンポジットマテリアルでできた胴体に関することだった。
一番気にしていたのは、雷。冬場の日本海側では、毎年大きな雷が起きるからだ。個人的には一番心配だったが
今のところ雷を受けて大きな欠航は発生していない。
ギリギリまで心配していたのは、787が初めて採用した電気ブレーキだったが、大きな問題は起きなかった。
今までの油圧ブレーキとは違った問題が起き、時間がかかることもあったが、それは経験の問題。
運航便に影響を与えずに改善していけるかどうかが重要だからだ。

200名刺は切らしておりまして2019/07/29(月) 17:52:25.00ID:+VBwEVEP
りゅいおい

201名刺は切らしておりまして2019/08/01(木) 23:43:57.50ID:rI6SjdIf
「スペースジェット」の納入時期が遅れる可能性 6度目の延期か 7/31(水)
三菱航空機が開発中の国産初のジェット旅客機「スペースジェット」の納入時期が、予定していた「来年半ば」より遅れる可能性が出てきたことが分かりました。
三菱航空機が開発する「スペースジェット」は、来年半ばの初号機納入をめざし、現在、アメリカで「型式証明」取得に向けた
最後の関門となる飛行試験を行っています。
関係者などによりますと、この飛行試験の結果を反映してつくる最終形態の試験機の製造が、半年ほど遅れている事などから
納入が遅れる可能性が出てきたことがわかりました。三菱航空機は、「どのくらい遅れる可能性があるのか、社内で確認中」とコメントし
来年半ばの納入に間に合わせるため、試験機の数を増やして飛行試験の期間を短縮するなど対応を急いでいます。
初号機は、納入延期が続いていて、今回遅れが生じると6度目の延期になります。

202名刺は切らしておりまして2019/08/04(日) 23:41:13.63ID:YOY5hVKh
「スペースジェット」の納入時期が遅れる可能性 6度目の延期か

三菱航空機が開発中の国産初のジェット旅客機「スペースジェット」の納入時期が、予定していた「来年半ば」より遅れる可能性が出てきたことが分かりました。

 三菱航空機が開発する「スペースジェット」は、来年半ばの初号機納入をめざし、現在、アメリカで「型式証明」取得に向けた最後の関門となる飛行試験を行っています。

 関係者などによりますと、この飛行試験の結果を反映してつくる最終形態の試験機の製造が、半年ほど遅れている事などから、納入が遅れる可能性が出てきたことがわかりました。

 三菱航空機は、「どのくらい遅れる可能性があるのか、社内で確認中」とコメントし、来年半ばの納入に間に合わせるため、試験機の数を増やして飛行試験の期間を短縮するなど対応を急いでいます。

 初号機は、納入延期が続いていて、今回遅れが生じると6度目の延期になります。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00012857-cbcv-bus_all


l

203名刺は切らしておりまして2019/08/05(月) 22:57:32.39ID:hZpEHix9
vb

204名刺は切らしておりまして2019/08/06(火) 22:50:49.23ID:Cr+5ZGXq
【航空】三菱航空機のMRJ、「スペースジェット」に改名発表
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1560430674/l50


【航空】国産ジェット旅客機「予定どおり来年半ばに納入」三菱重工
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1565004706/l50

205名刺は切らしておりまして2019/08/07(水) 04:53:24.00ID:uQQqCgrI
【航空】三菱航空機の命運握る次世代機の開発始まる、「新技術を投入」
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1564652235/l50

206名刺は切らしておりまして2019/08/08(木) 09:52:20.96ID:yO9Ny2wy
MRJが4度目の納入延期、今回の理由は何か
2015年12月26日
初飛行の感動からわずか1カ月半で、三菱重工業の小型旅客機MRJが再びピンチに立たされた。最新状況を踏まえて今後の開発スケジュールを再検討した結果、実施すべき試験項目の追加・見直しなどが必要となり
初号機の納期が守れなくなったからだ。これまで2017年4〜6月の納入開始を目標にしていたが2018年半ばへと約1年ずれ込む。最初の顧客であるANA、2番目の米トランス・ステーツ航空への納入に支障が出る。
飛行試験の開始で開発の進捗を世界にアピールし受注に弾みが付くと期待された矢先だけに、「残念としか言いようがない」と関係者らも落胆を隠せない。
~
「(三菱重工が開発・製造の中心的役割を果たしたYSー11以来)50年ぶりの旅客機開発で知見が足りず、想定したスケジュールに甘さがあった面は否めない」ーー。12月24日に愛知県で開いた記者会見の席上
開発責任者である三菱航空機の岸信夫副社長はこう認めざるを得なかった。同社によると、強度・耐久性や落雷などの地上試験内容を拡充するため、想定していたよりも、地上実機試験に多くの時間がかかるという。
「機体の完成度と信頼性をより高めるには(飛行試験と並行して行う)地上での試験をもっと増やしたほうがいいと判断した」(岸副社長)。
また、飛行試験が一定段階まで進んだ時点で試験結果を設計にフィードバックし、機体改修を集中的に実施する計画だが、そのための期間も従来より長めに設定し直した。

納期の先送りは今回で4度目。設計変更や安全認証に向けた準備作業の遅れから、これまでも度重なるスケジュール延期を余儀なくされてきた。三菱の正式な延期発表を受け、ANAは「非常に残念だが、安全を第一に万全なる準備のうえ
完成度の高い機体が納入されることを願っている」との公式コメントを出した。今回の納入延期を巡っては、主翼の強度不足などを理由とする報道が先行したが、岸副社長は「3回の飛行試験で、何らかの深刻な問題点が見付かって日程を変更したわけでは決してない」
と強く否定。強度で改善すべき点があり現在飛行試験機の主翼付け根部分や胴体部品の補強改修を行っていることは事実だが、「この程度の改修は珍しいことではなく、1月中には飛行試験を再開する」と説明した。
三菱にとって、開発がさらに長期化してしまったことは大きな誤算だ。まず第一に経済的損失。現在、MRJ事業には開発・販売を担う三菱航空機、生産を担当する重工本体の合計で約2300人が関わっており、年間の人件費だけで200億円近い。
開発期間がさらに長引くことでそうした固定費負担が重くのし掛かる。また、納期遅延の影響を被るANA、トランス・ステーツへの違約金問題も避けられない。
それ以上に懸念されるのが、今後の受注への悪影響だ。MRJと同じリージョナルジェット旅客機のメーカーは、エンブラエル(ブラジル)、ボンバルディア(カナダ)、スホーイ(ロシア)、COMAC(中国)の4社。
このうち、最大の強敵はエンブラエルだがMRJの開発長期化により三菱は受注競争でより厳しい立場に立たされる。
~
新たな納入開始目標として設定した2018年半ばまで2年半。従来の約1年半から伸びたとは言え、三菱にとってハードルが高いことは変わらない。三菱航空機の森本浩通社長自身「いろんなリスクを織り込んで日程を見直したが
旅客機開発には予見しづらい部分も多い。2018年半ばの納入開始を確約できるかというと、正直、断言は難しい」と、さらに納期が遅れるリスクを否定しなかった。
MRJ事業は、三菱重工のまさに威信と社運をかけた一大プロジェクトである。開発の長期化で、総開発費は3000億円規模にまで膨張。さらに設備投資や運転資金も含めると
納入開始までの先行投資額(投下資本)は軽く4000億円を超える。巨額の投資回収と累積事業赤字の解消には最低でも1000機近い販売が必要と見られ
そのためにもこれ以上の大幅な遅延は絶対に許されない。

207名刺は切らしておりまして2019/08/20(火) 05:02:15.37ID:QVW6pplI
xちゅ

208名刺は切らしておりまして2019/08/24(土) 06:12:06.25ID:d1gZkRRL
rt衰えて

209名刺は切らしておりまして2019/08/26(月) 09:55:38.67ID:kCDtjiAc
ど歩

210名刺は切らしておりまして2019/08/26(月) 22:04:55.24ID:kCDtjiAc
8/1
【航空】三菱航空機の命運握る次世代機の開発始まる、「新技術を投入」
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1564652235/
8/5
【航空】国産ジェット旅客機「予定どおり来年半ばに納入」三菱重工
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1565004706/

211名刺は切らしておりまして2019/08/26(月) 22:13:04.67ID:1gn2URru
純国産で日本人スタッフだけで設計したらボロボロ
フェイルセーフを並べて置くなんて考えられない

212名刺は切らしておりまして2019/08/27(火) 11:51:12.49ID:VUiwA/GD
MRJ1号機、米で飛行試験開始
2016/10/18
MRJの試験1号機が米国で17日午後(現地時間)に飛行試験を始めたことを明らかにした。
1号機は9月に米国に渡り、この日は約3時間飛行した。


MRJ2号機が初飛行 拠点の名古屋空港で、5号機まで計画中
2016.5.31 10:33
MRJの試験2号機が31日、県営名古屋空港(豊山町)で初の飛行試験を実施した。MRJは昨年11月に1号機が
初飛行を果たした。試験に使う機体を増やすことによって、開発を加速させる。


新しい外装デザインのMRJ3号機が名古屋空港で初飛行
2016.11.22
MRJの試験3号機が22日、県営名古屋空港で初の飛行試験を実施した。飛行したのは全5機の試験機のうち4機目。
国の安全性認証を取得するには計2500時間の飛行試験が必要で、三菱航空機は膨大なテスト項目を各機で分担する方針だ。
既に1、2、4号機が飛行試験に入り、残る5号機も飛行の準備を進めている。
3号機は黒いラインが入った外観が特徴。主に急旋回や急降下など飛行特性の試験のほか、
自動操縦機能や電装部品の動作確認を担うという。

213名刺は切らしておりまして2019/08/27(火) 11:58:10.47ID:VUiwA/GD
三菱重工、MRJに2200億円注入 納期は見直さず20年半ば
三菱重工は10月31日、三菱航空機に対し、2200億円の資金支援を実施すると発表した。三菱航空機は1100億円の債務超過に陥っているが、12月末までに解消する。
2020年半ばとする初号機の納入計画は見直さず、国が機体の安全性を証明する「型式証明」取得を目指す。
2200億円の内訳は、三菱航空機が発行する1700億円の新株を三菱重工が引き受け、三菱航空機への融資のうち500億円の債権を放棄。増資で調達する資金を、
三菱航空機は現在開発中のMRJ90の型式証明取得に向けた設計や試験、機体販売後のサポート体制構築など事業化の準備に充てる。
三菱航空機の出資比率は、現在は三菱重工が64.0%、三菱商事(8058)やトヨタ自動車(7203)などが計36.0%となっている。
今回の増資は三菱重工のみ参加し、増資後の出資比率は三菱重工が86.7%と大幅に増え、他社は13.3%まで低下する。

214名刺は切らしておりまして2019/08/27(火) 12:00:16.14ID:VUiwA/GD
三菱重工、MRJに2200億円注入 納期は見直さず20年半ば 2018年10月31日
三菱重工は10月31日、三菱航空機に対し、2200億円の資金支援を実施すると発表した。三菱航空機は1100億円の債務超過に陥っているが、12月末までに解消する。
2020年半ばとする初号機の納入計画は見直さず、国が機体の安全性を証明する「型式証明」取得を目指す。
2200億円の内訳は、三菱航空機が発行する1700億円の新株を三菱重工が引き受け、三菱航空機への融資のうち500億円の債権を放棄。増資で調達する資金を、
三菱航空機は現在開発中のMRJ90の型式証明取得に向けた設計や試験、機体販売後のサポート体制構築など事業化の準備に充てる。
三菱航空機の出資比率は、現在は三菱重工が64.0%、三菱商事(8058)やトヨタ自動車(7203)などが計36.0%となっている。
今回の増資は三菱重工のみ参加し、増資後の出資比率は三菱重工が86.7%と大幅に増え、他社は13.3%まで低下する。

215名刺は切らしておりまして2019/08/27(火) 12:08:53.40ID:VUiwA/GD
MRJが4度目の納入延期、今回の理由は何か
2015年12月26日
(前略)
MRJ事業は、三菱重工のまさに威信と社運をかけた一大プロジェクトである。開発の長期化で、総開発費は3000億円規模にまで膨張。さらに設備投資や運転資金も含めると
納入開始までの先行投資額(投下資本)は軽く4000億円を超える。巨額の投資回収と累積事業赤字の解消には最低でも1000機近い販売が必要と見られ
そのためにもこれ以上の大幅な遅延は絶対に許されない。



2015年時点で4000億円っていうことは今開発費用どれくらいなんだ?

216名刺は切らしておりまして2019/08/27(火) 13:43:26.48ID:VUiwA/GD
三菱航空機、ANAカラーのMRJ5号機画像を公開  2015/05/14
http://flightliner.jp/airplane/37106.html

三菱航空機は現地時間12日、RAAがオハイオ州クリーブランドで開催している「第40回 RAA Annual Convention」で、
現在のMRJの進捗状況などを公開しました。
三菱航空機によると、MRJ初号機(予定登録番号:JA21MJ)は現在、各種試験ならびにフィードバックを実施、2号機(同JA22MJ)は
全機の機能試験・技術試験を実施、3号機(同JA23MJ)は脚の取り付けが完了し艤装作業中、4号機(同JA24MJ)
は翼胴結合作業中です。
5号機(同JA25MJ)についても組み立て作業が進行しており、写真で見る限り、胴体にはすでに
MRJのローンチカスタマーである全日空(ANA)仕様のカラーリングが施されています。
ANAへのMRJ初号機引き渡しは2017年第2四半期(4-6月)を予定しています。

217名刺は切らしておりまして2019/08/27(火) 13:49:46.65ID:5thn8oyT
ボンバルディアはカナダ  カナダにはウクライナ移民が多いからアントノフとなにかやるのか

218名刺は切らしておりまして2019/09/02(月) 07:34:07.65ID:MPzCGlyd
ちゅい

219名刺は切らしておりまして2019/09/07(土) 01:13:10.91ID:TZgffdSH
試験飛行が3000時間を超えたSpaceJet、2020年に飛翔するか
2019年07月16日
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1907/16/news044.html

三菱重工業は2019年7月12日、東京都内で「2019年度事業戦略説明会」を開催し、リージョナルジェット機「Mitsubishi SpaceJet(旧MRJ、以下SpaceJet)」の開発概況や民間機、
防衛宇宙事業の展望を説明した。
三菱重工は2020年半ばに、ローンチカスタマーであるANA(全日本空輸)へSpaceJet初号機の納入を目指している。同社でシニアフェロー MRJ事業部長を務める高口宙之氏は
初号機納入に向けて航空当局が航空機の安全性を審査する型式証明(TC:Type Certification)の取得に注力していることを強調した。
米国ワシントン州モーゼスレイクで4機体制により実施中の試験飛行は2019年6月末の時点で累計3000時間を超え、これまでエンジン&APU(補助動力装置)
極寒、防氷システム、燃料、アビオニクスの領域でTC試験を進行完了したという。また、名古屋で行っている疲労強度試験は、同年7月4日に1万サイクルを超え
TC取得要件を満たしたことも明かした。
同社は試験体制強化のため飛行試験機を追加投入するとし、最大7機体制でTC取得に向けて試験飛行を継続する。
また、操縦士養成に向けたフライトシミュレーターも開発を進め、ANAへ納入したとする。

220名刺は切らしておりまして2019/09/07(土) 02:46:07.58ID:LcXK1JBj
>>1
スコープクローズの規制があるのに70席クラスの新機種どこも開発してない時点で気づけよってw
これ70席クラスの開発終わる頃にはスコープクローズの規制が緩和されて無用の長物になると思うよ

221名刺は切らしておりまして2019/09/08(日) 02:12:41.89ID:Bl+vMjb9
スコープクローズが緩和されなくても、すでに70席ジェットって売れてないんだよね。
70席クラスで売れてるのはターボプロップ機ばかり。
ジェットで70席は非効率なのだ。

222名刺は切らしておりまして2019/09/13(金) 11:22:33.19ID:EBtWy/xz
df

223名刺は切らしておりまして2019/09/21(土) 09:07:52.54ID:LwYaNbdG
三菱航空機、スペースジェットモントリオールセンターの設置計画を発表

三菱航空機株式会社はカナダ・ケベック州のモントリオール地域に拠点を
設置する計画を発表しました。

同社は今年に入り三菱スペースジェットファミリーを立ち上げ、ワシントン州
レントンに米国本社を設置
しましたが、これにより、グローバルな成長に向けた次の段階へと進むとして
います。

三菱航空機の水谷社長は「グローバル市場を持つ日本企業として、三菱
スペースジェットファミリーを成功に導くために、三菱航空機は、強固な
グローバルプレゼンスを構築していきます。私たちはカナダのこの地域に
おけるこれまでの成果やそれに伴う能力を大いに尊敬しています」とコメント
しています。

最高開発責任者のアレックス・ベラミー氏は「モントリオールへの展開は、
名古屋やワシントン州を含む主要な弊社のグローバル拠点を強化します。
6月に三菱スペースジェットファミリーを立ち上げて以来、当社は市場から
非常に前向きな反応を得ており、エアラインパートナーや顧客を全面サポート
していくためのチームを構築することに引き続き注力していきます」とコメントしました。

なおこれまで5度納入を延期してきた同社は、ANAへの初号機納期について、
2020年半ばの計画を現在も維持しています。

http://sky-budget.com/2019/09/20/spacejet-montreal/

.

224名刺は切らしておりまして2019/10/02(水) 09:11:10.70ID:yr3D8vRm
photolike

225名刺は切らしておりまして2019/10/08(火) 19:33:31.16ID:XqEoa6wh
ヴい

226名刺は切らしておりまして2019/10/18(金) 00:55:12.65ID:XvbqgrJe
pjh

227名刺は切らしておりまして2019/10/18(金) 06:38:35.77ID:0wK0NMin
MRJなんて宇宙エレベーターと同じ空想スケール。

228名刺は切らしておりまして2019/10/22(火) 06:09:33.77ID:M3Y0Erny
三菱航空機、スペースジェットの納入延期を11月に発表へ 日経報じる

http://sky-budget.com/2019/10/19/spacejt-delay/

-

229名刺は切らしておりまして2019/10/22(火) 06:19:44.18ID:gCXYV6rT
三菱重工、スペースジェット納入延期報道に声明「日程は適切に共有」
2019年10月21日

現在示されているスペースジェットの納期は2020年半ばで、2017年1月23日に示された5度目の延期のもの。当初は2013年だったが、
その後2014年4-6月期、2015年度の半ば以降、2017年4-6月期、2018年中ごろとずれ込み、現在の2020年半ばとなった。
今回延期が正式発表された場合は6度目となり、2020年内の引き渡しが難しくなる可能性がある。

230名刺は切らしておりまして2019/10/23(水) 08:00:58.45ID:tk6dHGp1
MRJ初納入「ぎりぎりいける」 三菱航空機・水谷久和社長、20年半ば計画
2018.1.2
https://www.sankei.com/economy/news/180102/ecn1801020005-n1.html


三菱航空機の水谷久和社長(66)はMRJの設計変更の進捗について「あらかたのめどは付けた。ほぼ計画に沿い、
2020年半ばの初納入はぎりぎりいける」との見通しを示した。
MRJはこれまで納期を5度延期。現在は安全性向上のため電気配線2万本以上の配置などの設計変更を進めている。
米国で4機態勢での試験飛行を繰り返しており、18年中に変更を反映した2機を飛行試験に追加投入する見通しだ。

231名刺は切らしておりまして2019/10/23(水) 10:50:49.24ID:ClWw9Hxs
どんな結果になろうが三菱社員はクビにはならないからな
そういう意味では日本は本当にお気楽

232名刺は切らしておりまして2019/10/25(金) 10:19:43.76ID:gFUndi1B
納期5度目の延期のMRJ、債務超過へ…9年間利益ゼロで実質破綻状態、新規受注も困難
2017.08.24
17年3月期の最終損益は511億円の赤字。累積赤字は1510億円に達した。
自己資本(資本金500億円、資本剰余金500億円)を上回り、債務超過額は510億円。設立以来、赤字経営が続いている。

当期純損失/累積損失
16年3月期 ▲305.22億円/▲998.96億円
17年3月期 ▲511.87億円/▲1510.83億円

三菱重工の宮永俊一社長は、MRJの5度目の納入延期を発表した1月23日の会見でMRJの開発コストについて
「3〜4割増える」との見通しを明らかにした。開発当初は1500〜1800億円と想定していたが
納入延期で3000〜4000億円と2倍に膨れあがった。5度の延期でさらに膨らみ5000億円を超える
可能性を示唆した。


MRJは、一民間企業の新規事業としてはすでに破綻しているとの見方もできるだろう。航空機事業は
長期にわたる投資が必要とはいえ、利益を1銭も生まない新規事業を9年経過しても続けることは
民間企業の限界を超えている。

233名刺は切らしておりまして2019/10/31(木) 19:52:10.71ID:bCGRopbf
えせ

234名刺は切らしておりまして2019/10/31(木) 20:58:23.42ID:bCGRopbf
ユニゾイン京都河原町四条 シングル13平米
11/2土、18540円
11/4月、5340円

花蛍の湯 ドーミーインPREMIUM京都駅前禁煙ダブル15平米
11/2土、26900円
11/4月、7500円

三交イン京都八条口禁煙シングル12.8平米
11/2土、 21900円
11/4月、 10400円

235名刺は切らしておりまして2019/11/01(金) 14:53:50.13ID:hWgXRpzL
三菱スペースジェット、試験機完成遅れ 6度目延期が現実味
https://www.aviationwire.jp/archives/188938

三菱重工業(7011)の泉澤清次社長は10月31日、子会社の三菱航空機が開発中の「三菱スペースジェット(旧MRJ)」について、
機体の安全性を国が証明する「型式証明(TC)」取得時に使う飛行試験機(通算10号機)の完成が遅れ、年明けになると明らかにした。
これまでの計画では、設計変更を反映した10号機を使った飛行試験を今秋から始める予定だったため、
順調に試験が進んだ場合でも3カ月程度の納入遅延が生じる可能性があり、6度目の延期が現実味を帯びてきた。
5度目までの遅延に対しては、すでに航空会社との補償交渉も始まっている。

236名刺は切らしておりまして2019/11/03(日) 14:29:56.46ID:lIjD5jpE
三菱MRJ、設計変更後の2機は2018年末までに完成
2018-01-26
現在4機がFAA証明取得のため飛行を続けており、5号機が名古屋で地上試験中である。さらに2機が今年2018年末までに完成するが
これらは設計変更をした機体で、量産型に最も近い形になる。
2017年1月に型式証明に関わる規則の理解が不十分だったことが判明、これへの対処で開発作業がさらに2年間遅れざるを得なくなった。
すなわち最新の規則に盛り込まれている機体内部での爆発や多量の浸水などの異常事態に対する設計の見直しが必要となった。
これがアビオニクス室の設計変更と配線ハーネスの見直し作業である。
アビオニクス室の設計変更と関連部品の製造は2017年10月に始まった。これに伴う新しい配線ハーネスの形状が決まり、現在、設計・製造を担当する
フランスのLatecoere Interconnection Systems社と細部の詰めを行なっているところである。
6号機 (JA26MJ)と7号機 (JA27MJ) には、前述のようにこれらの変更が組込まれる。5号機は設計変更をしていない最後の機体だが、これには後日部分的に改修が行われる。
最初の4機は原設計のままで、モーゼスレイク(Moses Lake, Washington)で試験飛行をおこなっているが、これは今回の設計変更が性能、燃費、システムの機能に影響がないため
原設計のままで飛行試験を続けて差し支えないためである

型式証明取得が2020年にずれ込んでも、初号機引渡しは年央なので、その間に半年の余裕があり、納入目標期日の再延期はないと思われる。
通常証明取得から引渡しまで1-2週間程度あれば十分なので、半年間の余裕は不測の事態に備え設定されたもので、今回はその一部が充当されると考えて良い。

こうして見るとMRJの将来はマスコミが云う“お先真っ暗”ではなく、2020年初めに予定通りFAA証明を取得すれば、一気に展望が開くだろう。
関係者の一層のご努力に期待したい。

237名刺は切らしておりまして2019/11/03(日) 14:36:57.26ID:/VYMmirW
2020年末に初号機納入どころか、2025年になっても、終わりの見えない試験飛行を
続けていると予想。 辞め時を見極めそこなったとしか。

現時点で、計画当初に設計に携わったメンバーとか既に鬼籍に入っているんじゃ?

238名刺は切らしておりまして2019/11/03(日) 14:49:15.99ID:dOk+RD7k
.





https://syuusyokuhensachiranking.wordpress.com/
【日経225】●就職難易度ランキング●

三菱重工 難易度:A 給与水準:4 将来性:A


いいじゃん







.

239名刺は切らしておりまして2019/11/03(日) 15:13:51.97ID:cIzCgPfG
もうすぐ型式証明がとれる見込みなんだと思ってる

240名刺は切らしておりまして2019/11/08(金) 09:27:22.08ID:t7k3RN5U
https://diamond.jp/articles/-/207687
三菱スペースジェットが新展開、あえてボーイングの「虎の尾」を踏む理由
2019.7.4
6月16日の午後7時、フランスはパリのエッフェル塔。地上からエレベーターで一つ階を昇った所にあるラウンジ「THE GUSTAVE EIFFEL ROOM」では、
翌日のパリ航空ショーを前に、とある盛大なレセプションが開かれていた。「三菱リージョナルジェット(MRJ)」
の“リニューアル式典”ともいうべきレセプションだ。招かれたのは顧客となる海外エアライン関係者をはじめ、三菱商事、三井物産などの出資企業や、
川崎重工業やSUBARUといった取引先の幹部である。
「相当なお金をかけたんじゃないですかね」(出席者)。レセプションは、「いい製品を造ることばかりに一生懸命な会社」(航空機産業を所管する経済産業省幹部)
であるはずの三菱重工には似つかわしくないほど、ど派手なものだった。会場の中央には、思わせぶりに枯れ山水が設えられていた。砂が除かれる演出の後に姿を現したのが
枯れ山水をイメージした真っ赤な尾翼の新デザインだった。
事前に情報がリークされてしまったが、MRJから心機一転、「三菱スペースジェットファミリー」へ改称することも、当初はこの場で華々しく発表する予定だったとされる。

241名刺は切らしておりまして2019/11/14(木) 08:58:27.30ID:9eoImvVU
rfrfrvrftt

新着レスの表示
レスを投稿する