【航空】なぜ今、正念場? 開発遅れる国産初ジェット「MRJ」

1田杉山脈 ★2019/05/18(土) 18:02:21.75ID:CAP_USER
 三菱重工業の子会社、三菱航空機(愛知県豊山町)が手がける国産初のジェット旅客機「MRJ」の開発が、正念場を迎えている。

【特集】国産初のジェット旅客機MRJ
 MRJは、「ミツビシ・リージョナル・ジェット」の頭文字。地方都市間を結ぶローカル路線への採用を見込んだ小型機だ。2003年ごろ、三菱重工業が研究や市場調査を始め、全日空が25機を発注した08年に事業化を決めた。このとき設立された三菱航空機には三菱重工業のほかにトヨタ自動車などが出資する。

 開発中の機体は、88人乗りと76人乗りの2種類がある。まずは、88人乗りの「MRJ90」から発売する計画。燃費のよさや広い室内空間などの利点で売り込み、日米の航空会社を中心に、これまで400機ほどを受注した。

 日本国内で、MRJへの期待が…
https://www.asahi.com/articles/ASM4T65LJM4TOIPE02V.html

351名刺は切らしておりまして2019/06/16(日) 13:28:04.65ID:Snv0HIDJ
MRJの名前捨て、追い風が吹く小型機市場で勝負−三菱重工
2019年6月13日
三菱重工業傘下の三菱航空機は17日に開幕するパリ航空ショーで、小型機コンセプト「スペースジェット100」(M100)を出展する。
度重なる開発延期を経て型式証明取得に向けた飛行試験の段階までこぎつけた同社は「MRJ」の名称を廃止し、客室空間(スペース)の広さと低コストを
武器に拡大が見込まれる座席数100席以下の市場で攻勢をかける。三菱航空機のアレックス・ベラミー最高開発責任者(CDO)が名古屋市内での7日のインタビューで明らかにした。
M100は座席数76席でファーストクラスとプレミアムエコノミー、エコノミーの3クラスを備える。客室空間を拡大するための工夫をこらし
座席幅は18.5インチ(約47センチ)と座席数100席未満の「リージョナルジェット」機としては広く
キャリーバッグを機内に持ち込んで頭上の収納スペースに置けるようにした。コスト競争力にも自信を持っているという。
軽量素材やプラット・アンド・ホイットニー製のギヤードターボファンエンジンの採用などで燃費を向上させたほか
定期メンテナンスが必要な期間を延長するなどして既存の同サイズの航空機と比べて運用にかかるトータルコストを約10%減らせるという。
同社は90席クラスの「MRJ90」の開発を進め、3月に飛行試験を開始。20年半ばの納入開始を目指している。M100はこれまで
「MRJ70」として検討されていた70席クラスの機体。顧客との対話で広い客室空間への要望が高かったことから昨年秋ごろからコンセプトの絞り込みを進めてきた。
三菱重工は08年に国産初のジェット旅客機となるMRJ(三菱リージョナルジェット)開発に着手した。当初は2013年の完成・納入開始を目指していたが、延期を繰り返した。
17年には電気配線全体の設計を変更。翌18年には同社が三菱航空機に対する1700億円の増資引き受けと500億円の債権放棄を含む支援を発表し、開発を続けていた
MRJは開発段階での名称であり、機体の性能に比べて「リージョナル(地域の)」という言葉が限定的なイメージを与えることなどから変更することにしたという。
型式証明取得を目指しているMRJ90はM90と名前を変え試験機のうちの1機をパリショーに持ち込んで披露する計画。将来的には100席弱の少し大きい機体も
ラインアップに加える構想もあるといい「三菱スペースジェット」ファミリーとして展開したいという
M100の納入開始のめどは23年前半としている。

352名刺は切らしておりまして2019/06/16(日) 17:36:18.22ID:oF6hMNfB
追い風w

353名刺は切らしておりまして2019/06/16(日) 22:04:51.87ID:+mMGvpIS
伝統の大本営発表

354名刺は切らしておりまして2019/06/20(木) 23:34:44.49ID:3iSRoKDp
fty

355名刺は切らしておりまして2019/06/21(金) 01:18:43.51ID:nt0m5Pe9
>>348
とゆうか航空機って本体販売では赤字で、長期メンテナンスで回収するビジネスモデルだから
なのでホンダジェットも現在まだ赤字だったりするけど、実際に量産して売れてるので将来安定した利益が約束されている
要はとにかく現物を早く売らないといけないんだけど、型式証明が取れそうにないので販売しようがなく

356名刺は切らしておりまして2019/06/26(水) 12:27:04.30ID:o1g9u6PW
MRJが訴訟相手と買収交渉 存続かけ思惑一
三菱重工業が、小型旅客機事業の買収交渉を、競合相手のカナダ・ボンバルディアと進めていることが明らかになった。
背景には両社それぞれの差し迫った事情がある。
関係者によると、三菱重工にはカナダ政府の高官からもアプローチがあった。「カナダの首相肝いりの案件」とも言われる。
ボンバルディアは、米ボーイング傘下に入るブラジル・エンブラエルと並ぶ小型旅客機の大手だ。
しかし、近年は経営が振るわず、もう一つの柱である鉄道事業に注力する方針だ。機体サイズが100〜150席の旅客機事業は
欧州エアバスにすでに売却。残る50〜100席の旅客機事業も売却先を探していた。

357名刺は切らしておりまして2019/07/12(金) 01:26:24.17ID:dB7N81aF
集合!

358名刺は切らしておりまして2019/07/13(土) 23:42:51.15ID:35KisTEI
八時だよ人員

359名刺は切らしておりまして2019/07/15(月) 14:37:20.24ID:Cu/2F+En
集合

360名刺は切らしておりまして2019/07/15(月) 19:23:03.78ID:Cu/2F+En
きえき

361名刺は切らしておりまして2019/07/15(月) 22:37:45.54ID:IQKX7iyU
結局、出来ませんでしただな。

362名刺は切らしておりまして2019/07/16(火) 15:30:12.16ID:hOGuibwe
正念場は3年前に過ぎてるだろw

363名刺は切らしておりまして2019/07/24(水) 20:08:40.99ID:TcMiaUGP
次世代リージョナルジェット MRJ (Mitsubishi Regional Jet)
2003 年に技術開発をスタートし,地球環境に優しい低燃費・低騒音・低運行コストを実現する70〜90席クラスの機体開発を目標に,機体仕様検討,概念設計を進めてきた.
並行して,国内外のエアラインへの調査を行った結果,一定の評価が得られる見通しが立ったことから,2007 年 10月9日に正式客先提案 (ATO: Authorization to Offer) を決定し
正式に販売活動を開始した.圧倒的に優れた環境性能は世界のエアラインから高い評価を受け,全日本空輸(株)(ANA)から発注をいただいたことで 2008 年3月に事業化を決定し
設計開発,販売及びカスタマーサポートなどを行う三菱航空機(株)を立ち上げた.今後,開発を進め,2011 年の初飛行,2013 年の初号機納入を予定している.

現在,概念設計を完了した段階であり,今後,詳細設計を 2009 年秋には完了し,デザインフリーズを行う計画である.装備品を中心としたパートナー各社と共同で設計作業を進めており,
現在,国内外各社から多数の設計者が名古屋に常駐している.
また,型式証明(TC:Type Certification)を取得するため,2007 年 10 月に国土交通省航空局に申請を行い,既に共同での作業が始まっている.FAA(アメリカ連邦航空局),
EASA(欧州航空安全当局)にも申請を行い,型式証明を取得して2013年の初号機納入を計画している

364名刺は切らしておりまして2019/07/25(木) 12:26:15.80ID:8lTh+YIU
諦めてやめちゃえば楽になるよ

365名刺は切らしておりまして2019/07/29(月) 10:35:20.14ID:+VBwEVEP
MRJちゃんはやめへんで〜

366名刺は切らしておりまして2019/07/29(月) 11:18:21.89ID:BGQKyN57
エンジン外国製なのに国産っていえるの?

367名刺は切らしておりまして2019/08/04(日) 23:39:35.41ID:YOY5hVKh
「スペースジェット」の納入時期が遅れる可能性 6度目の延期か

三菱航空機が開発中の国産初のジェット旅客機「スペースジェット」の納入時期が、予定していた「来年半ば」より遅れる可能性が出てきたことが分かりました。

 三菱航空機が開発する「スペースジェット」は、来年半ばの初号機納入をめざし、現在、アメリカで「型式証明」取得に向けた最後の関門となる飛行試験を行っています。

 関係者などによりますと、この飛行試験の結果を反映してつくる最終形態の試験機の製造が、半年ほど遅れている事などから、納入が遅れる可能性が出てきたことがわかりました。

 三菱航空機は、「どのくらい遅れる可能性があるのか、社内で確認中」とコメントし、来年半ばの納入に間に合わせるため、試験機の数を増やして飛行試験の期間を短縮するなど対応を急いでいます。

 初号機は、納入延期が続いていて、今回遅れが生じると6度目の延期になります。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190731-00012857-cbcv-bus_all


.

368名刺は切らしておりまして2019/08/05(月) 19:20:14.39ID:hZpEHix9
seryuio

369名刺は切らしておりまして2019/08/06(火) 23:07:53.78ID:Cr+5ZGXq
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/181110/mcb1811100605007-n1.htm
ボンバルディア5000人削減 ターボプロップ機事業を売却
2018.11.10 06:05
カナダの航空機最大手ボンバルディアは8日、ターボプロップ機製造部門やトレーニング事業を売却し、約5000人の人員を削減すると発表した。
人員削減はベルマール最高経営責任者(CEO)が2015年に就任して以来、今回が3度目。ボンバルディアは航空機開発に伴い債務が膨らみ削減策を強化している。
発表によると、ボンバルディアは「Q」シリーズのターボプロップ機部門やテクニカル・トレーニング事業などを、カナダのロングビュー・アビエーション・キャピタル(LAC)の子会社と
乗務員訓練を手掛けるCAEに売却する。経費を差し引いた売却収入は約9億ドル(約1023億円)を見込む。取引は来年の後半までに完了する見通し。
また、ボンバルディアは全従業員の約7%以上に当たる5000人を削減すると発表。これに伴い同社は21年までに年間約2億5000万ドルの削減を見込むが、
来年、同規模の経費も発生する。発表を受け、自動車や通信など主要産業の労働者らで構成するカナダ最大の民間労組ユニフォーのケベック支部長、ルノー・ギャグニー氏は
「とても悪いニュースだ。業界の将来について悲観的なメッセージを送っている。次の動き次第では先が見えなくなる」と話した。
今回の事業売却により、ボンバルディアの商用航空機部門の縮小がさらに進み、自家用ジェット事業と鉄道事業を柱とした戦略が加速する。同社の第3四半期決算では、
両事業の売り上げは全体の約88%を占めた。

370名刺は切らしておりまして2019/08/06(火) 23:34:50.92ID:Cr+5ZGXq
【航空】MRJ計画見直し報道が与える衝撃 〜 日の丸プロジェクト中止か?
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1559311763/l50

371名刺は切らしておりまして2019/08/10(土) 08:05:31.79ID:esIskBtX
MRJが4度目の納入延期、今回の理由は何か
2015年12月26日
初飛行の感動からわずか1カ月半で、三菱重工業の小型旅客機MRJが再びピンチに立たされた。最新状況を踏まえて今後の開発スケジュールを再検討した結果、実施すべき試験項目の追加・見直しなどが必要となり
初号機の納期が守れなくなったからだ。これまで2017年4〜6月の納入開始を目標にしていたが2018年半ばへと約1年ずれ込む。最初の顧客であるANA、2番目の米トランス・ステーツ航空への納入に支障が出る。
飛行試験の開始で開発の進捗を世界にアピールし受注に弾みが付くと期待された矢先だけに、「残念としか言いようがない」と関係者らも落胆を隠せない。
~
「(三菱重工が開発・製造の中心的役割を果たしたYSー11以来)50年ぶりの旅客機開発で知見が足りず、想定したスケジュールに甘さがあった面は否めない」ーー。12月24日に愛知県で開いた記者会見の席上
開発責任者である三菱航空機の岸信夫副社長はこう認めざるを得なかった。同社によると、強度・耐久性や落雷などの地上試験内容を拡充するため、想定していたよりも、地上実機試験に多くの時間がかかるという。
「機体の完成度と信頼性をより高めるには(飛行試験と並行して行う)地上での試験をもっと増やしたほうがいいと判断した」(岸副社長)。
また、飛行試験が一定段階まで進んだ時点で試験結果を設計にフィードバックし、機体改修を集中的に実施する計画だが、そのための期間も従来より長めに設定し直した。

納期の先送りは今回で4度目。設計変更や安全認証に向けた準備作業の遅れから、これまでも度重なるスケジュール延期を余儀なくされてきた。三菱の正式な延期発表を受け、ANAは「非常に残念だが、安全を第一に万全なる準備のうえ
完成度の高い機体が納入されることを願っている」との公式コメントを出した。今回の納入延期を巡っては、主翼の強度不足などを理由とする報道が先行したが、岸副社長は「3回の飛行試験で、何らかの深刻な問題点が見付かって日程を変更したわけでは決してない」
と強く否定。強度で改善すべき点があり現在飛行試験機の主翼付け根部分や胴体部品の補強改修を行っていることは事実だが、「この程度の改修は珍しいことではなく、1月中には飛行試験を再開する」と説明した。
三菱にとって、開発がさらに長期化してしまったことは大きな誤算だ。まず第一に経済的損失。現在、MRJ事業には開発・販売を担う三菱航空機、生産を担当する重工本体の合計で約2300人が関わっており、年間の人件費だけで200億円近い。
開発期間がさらに長引くことでそうした固定費負担が重くのし掛かる。また、納期遅延の影響を被るANA、トランス・ステーツへの違約金問題も避けられない。
それ以上に懸念されるのが、今後の受注への悪影響だ。MRJと同じリージョナルジェット旅客機のメーカーは、エンブラエル(ブラジル)、ボンバルディア(カナダ)、スホーイ(ロシア)、COMAC(中国)の4社。
このうち、最大の強敵はエンブラエルだがMRJの開発長期化により三菱は受注競争でより厳しい立場に立たされる。
~
新たな納入開始目標として設定した2018年半ばまで2年半。従来の約1年半から伸びたとは言え、三菱にとってハードルが高いことは変わらない。三菱航空機の森本浩通社長自身「いろんなリスクを織り込んで日程を見直したが
旅客機開発には予見しづらい部分も多い。2018年半ばの納入開始を確約できるかというと、正直、断言は難しい」と、さらに納期が遅れるリスクを否定しなかった。
MRJ事業は、三菱重工のまさに威信と社運をかけた一大プロジェクトである。開発の長期化で、総開発費は3000億円規模にまで膨張。さらに設備投資や運転資金も含めると
納入開始までの先行投資額(投下資本)は軽く4000億円を超える。巨額の投資回収と累積事業赤字の解消には最低でも1000機近い販売が必要と見られ
そのためにもこれ以上の大幅な遅延は絶対に許されない。

372名刺は切らしておりまして2019/08/17(土) 03:50:51.03ID:RBYv9mxg
518
【航空】なぜ今、正念場? 開発遅れる国産初ジェット「MRJ」
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1558170141/l50

373名刺は切らしておりまして2019/08/19(月) 23:36:35.90ID:JAoXp9Jq
716
【航空】国際航空ショー、英で16日開幕 MRJが初の飛行展示へ
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531697488/l50

815
【航空】MRJの開発遅れ、三菱重の業績に打撃 巻き返し急ぐ
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533466897/l50

374名刺は切らしておりまして2019/08/24(土) 23:19:02.81ID:d1gZkRRL
dcd

375名刺は切らしておりまして2019/08/25(日) 03:54:59.46ID:hVzTZQqI
【ヤフオクの評価欄】
落札者からの コメント:あなたから雇われたという探偵社から連絡がありました。2ちゃんねるには
私の名前やIDが沢山書き込まれています。この出品者はキャンセルすると報復をするようです。
店名で検索すると他にも被害者が沢山います。とても普通の方とは思えません。警察に相談します。
(評価日時:2015年 4月 29日 17時 43分)


販売業者の名称  有限会社コー ルドターキー/DC BANK  代表取締役渡邊弘宣
販売業者の住所  〒160-002都新宿区新宿3-12-11 石井ビル2F
Phone:03-5269-3675

http://rating7.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=dcdcbank&author=zihardiy&aID=184888178&bfilter=&bextra=&brole=&bapg=1

376名刺は切らしておりまして2019/08/25(日) 15:32:18.42ID:uhPasfww
正念場を乗り越えてハッテン場へ

377名刺は切らしておりまして2019/08/26(月) 12:50:14.74ID:wFEB+Edj
エムアッー!ルジェー

378名刺は切らしておりまして2019/08/26(月) 19:06:26.44ID:kCDtjiAc
三菱スペースジェット(旧MRJ)、中国製やブラジル製に勝る“ウリ”が何ひとつない
https://biz-journal.jp/2019/08/post_115077.html

379名刺は切らしておりまして2019/08/26(月) 19:10:18.58ID:kCDtjiAc
そのため、これまでに公表されている性能表や電子機器がコリンズ製などという限られた情報からコメントせざるを得ないが、
スペースジェットには燃費改善や荷物スペース拡大等以外に、ほかのリージョナルジェットより優位に立つ点が見当たらない。
そればかりか、スペースジェットはその翼型によって進入時にCRJと同様に機首下げの状態になり、天候によっては着陸操作が難しくなる。
また、同じ理由で巡航速度がマッハ0.78と遅いこと、さらに最大巡航高度が3万9000フィートに制限されていることも決定的にマイナスだ。
そして私自身最近知ったことだが、スペースジェットには自動着陸装置がないようだ。それは視界が悪いときに安全に着陸するための必須の装備であるが、
自動ブレーキのように後付けが難しく、コストもかかるので、今後どうしていくのか注目したい点だ。
価格の比較に移るが、スペースジェットはさらに厳しい現実がある。MRJの価格は約42〜53億円で、最初に全日空(ANA)に納入する定価は
約51億6600万円(4200万ドル)と伝えられている。
実際には、国産初のジェット旅客機のANAやJALに購入してもらおうと、かなりの値引きを提案したといわれている。
それでもエンブラエルE170の35億円、中国のARJに至っては30億円前後の安さとあって、MRJは高いという印象はぬぐえない。
ちなみにボーイング737-800の価格が約51億円といわれていることから、はたしてスペースジェットはリージョナルジェットの
価格帯化なのかと疑問視する見方もある。

380名刺は切らしておりまして2019/08/27(火) 21:45:15.23ID:VUiwA/GD
2018年6月29日
MRJ70、21年後半にも初納入へ 北米置き換え需要狙う
三菱航空機は現地時間6月27日、70席クラスの「MRJ70」について、2021年後半にも初納入する意向を示した。
ワシントン州モーゼスレイクで、プログラム推進本部長のアレクサンダー・ベラミー氏は本紙などの取材に対し、
MRJ70について「2021年後半から2022年前半に市場投入したい」との意向を示した。
背景には、リージョナルジェット機最大の市場である北米で、2022年以降に置き換え需要が高まることがある。
三菱航空機では、2022年から2027年にかけて約900機の需要があると予測しており、特にボンバルディアCRJ200型機のような50席クラス機の退役が、
2023年から2026年にかけて大量に生じるとみている。

381名刺は切らしておりまして2019/08/27(火) 21:50:18.03ID:cfuCBR+m
納期厳守と言ってるって事は

おそらく
ここをぶっちぎったら損切りって言われてるんだろ

そして多分損切り(開発中止)になる
今の時点で間に合う要素がない

382名刺は切らしておりまして2019/08/27(火) 21:53:23.15ID:VUiwA/GD
2017年1月24日
「素材技術で差別化」特集・岐路に立つMRJ、問われる総合力
MRJのチーフエンジニアである三菱航空機の岸信夫副社長は、「外国人専門家から機器の配置を見直した方が良いだろうというアドバイスを受けた。
例えば大量の水が漏れた場合、同じ部屋(機器室)に同じ系統の機器があると水で動かなくなるので、前後(の機器室)に離すべきだ、
といったことで配置を見直した。フライトコントロールの機器のみなどといった個別の機器ではなく、全体を見直した」と述べた。

一方で、目標に据えた2019年末の納入について岸副社長は「チャレンジング」と表現。事実上、2020年が納入目標となりそうだ。

383名刺は切らしておりまして2019/08/27(火) 21:59:59.75ID:VUiwA/GD
MRJ、米リース会社から20機受注で基本合意 18年納入
2016年2月16日
三菱航空機は現地時間2月16日、エアロリースと、MRJ90 20機(確定受注10機、オプション10機)の発注について基本合意(LoI)した。

今回の発注が確定すると、計7社から427機(確定受注233機、オプション170機、購入権24機)を受注したことになる。

384名刺は切らしておりまして2019/08/31(土) 20:41:57.49ID:5tvEeg7p
2008.3.27…ANA発注
2008.4.1 …三菱航空機株式会社設立
2014.10.18…試験1号機ロールアウト
2015.6.8…試験5号機胴体塗装完了ANAカラー→納入1号機(予定)
2015.11.11…試験1号機初飛行
2016.5.31…試験2号機初飛行
2016.9.25…試験4号機初飛行
2016.10.18… 試験1号機飛行試験開始
2016.11.22 …試験3号機初飛行
2019.6.13…MRJ90→SpaceJet M90、MRJ70→SpaceJet M100改名
2019.6.25…ボンバルディアからCRJ事業取得の契約

385名刺は切らしておりまして2019/09/04(水) 22:43:40.05ID:CoGpt28s
えdx

386名刺は切らしておりまして2019/09/06(金) 09:56:35.80ID:zjo5whVp
https://a.msn.com/r/2/AAGRHNi?m=ja-jp&referrerID=InAppShare
見通し

387名刺は切らしておりまして2019/09/08(日) 18:13:09.50ID:7NpHsCbz

388名刺は切らしておりまして2019/09/13(金) 12:32:04.35ID:EBtWy/xz
f炉g

389名刺は切らしておりまして2019/09/18(水) 13:23:16.37ID:4dSKFBcv
ウオーターp

390名刺は切らしておりまして2019/09/18(水) 13:33:49.03ID:yvzCSK3K
2023年に納機開始が既定路線

391名刺は切らしておりまして2019/09/29(日) 22:49:13.36ID:seHEzX8E
いp

392名刺は切らしておりまして2019/10/08(火) 17:41:03.43ID:XqEoa6wh
gty

393名刺は切らしておりまして2019/10/14(月) 23:57:41.76ID:HZ0OwVcF
tr有線い

394名刺は切らしておりまして2019/10/21(月) 23:39:42.49ID:P5yQAtp6
DVDfrf

395名刺は切らしておりまして2019/10/22(火) 01:20:35.76ID:VDR8RHgx
三菱重工、スペースジェット納入延期報道に声明「日程は適切に共有」

https://www.aviationwire.jp/archives/187481
三菱重工業(7011)と子会社で「三菱スペースジェット(旧MRJ)」を開発する
三菱航空機は10月21日、日本経済新聞が19日朝刊で報じた
納入延期に向けた調整について、会社側の発表ではないとの声明を発表した。

やっぱりな…

396名刺は切らしておりまして2019/10/28(月) 23:34:54.28ID:nfZNo5i8
納期5度目の延期のMRJ、債務超過へ…9年間利益ゼロで実質破綻状態、新規受注も困難
2017.08.24
17年3月期の最終損益は511億円の赤字。累積赤字は1510億円に達した。
自己資本(資本金500億円、資本剰余金500億円)を上回り、債務超過額は510億円。設立以来、赤字経営が続いている。

当期純損失/累積損失
16年3月期 ▲305.22億円/▲998.96億円
17年3月期 ▲511.87億円/▲1510.83億円

三菱重工の宮永俊一社長は、MRJの5度目の納入延期を発表した1月23日の会見でMRJの開発コストについて
「3〜4割増える」との見通しを明らかにした。開発当初は1500〜1800億円と想定していたが
納入延期で3000〜4000億円と2倍に膨れあがった。5度の延期でさらに膨らみ5000億円を超える
可能性を示唆した。


MRJは、一民間企業の新規事業としてはすでに破綻しているとの見方もできるだろう。航空機事業は
長期にわたる投資が必要とはいえ、利益を1銭も生まない新規事業を9年経過しても続けることは
民間企業の限界を超えている。

397名刺は切らしておりまして2019/11/04(月) 01:37:51.20ID:7S9qWkaA
MRJ

398名刺は切らしておりまして2019/11/04(月) 11:34:59.70ID:JpfY66f9
民主党、民進党が名称変更したのと同じにMRJもスペースジェットにネームロンダリングしたろ

399名刺は切らしておりまして2019/11/04(月) 18:19:20.59ID:7S9qWkaA
ベールを脱いだMRJ 写真特集・息のむ美しき国産旅客機
2014年10月20日
日本航空機製造のYS-11型機以来、約50年ぶりの国産旅客機となる三菱航空機のMRJが10月18日、ロールアウトした。

MRJの初飛行は2015年4-6月期、型式証明の取得は2017年上期を予定。ANAへの初号機引き渡しは、2017年4-6月期となる見通し。

400名刺は切らしておりまして2019/11/04(月) 18:52:19.10ID:KlNrU/xZ
>>6
三鷹の辺り一帯に中島飛行機の大工場があったんだよな

401名刺は切らしておりまして2019/11/12(火) 11:12:00.92ID:CMCdWDch
とp

新着レスの表示
レスを投稿する