【女性社員】なぜ「入社2年目」で管理職志向を失うのか©2ch.net

1鉄チーズ烏 ★ 転載ダメ©2ch.net2017/07/17(月) 10:32:58.82ID:CAP_USER
 女性は「入社2年目」で管理職になる意欲を失う−−。独立行政法人が先月、こんな調査結果を発表した。入社1年目に「管理職を目指す」と答えていたのに2年目でその意欲を失う女性の割合が、男性の倍に上るという。女性活躍推進の時代に、なぜ女性の意欲はそがれてしまうのか。管理職志向の有無の決め手は何なのか。「入社2年目」の女性にホンネを聞いてみた。あなたは管理職になりたくない? それはなぜ?【小国綾子/統合デジタル取材センター、古川幸奈/静岡支局】

 ◇「スーパーウーマン」の姿に「私には無理」

 「入社した時は、仕事で活躍するには管理職になるのが絶対と思っていたんです」

 住宅設備機器会社に勤める女性(24)は1年前をそう振り返った。ところが働くうちに、次第に昇進に魅力を感じなくなったという。

 大きかったのは身近な女性管理職の存在だ。「幼い子を持つ管理職ママを見ていると、本当に大変そう。映画やドラマでキャリアウーマンが輝いて見え、バリバリと働く女性にあこがれていたけれど自分には無理かな、と。管理職で社内政治に巻き込まれるのも面倒くさいし」

 同じく、管理職への意欲を1年で失ったという人材紹介業の女性(23)は「社内で若くして管理職となった女性は圧倒的に未婚、という現実に気付いた」と理由を打ち明けた。

 つまり、本来ロールモデルとなるべき女性管理職の姿を見て、ちゅうちょしたりあきらめたりしていたのだ。

 ◇管理職志向が1年で20ポイントもダウン

 今回、「入社2年目」の女性のホンネが聞きたいと思ったきっかけは、独立行政法人「国立女性教育会館」が先月発表した調査結果だった。

 2015年と16年、正社員800人以上の大企業の社員を対象に実施。両方に答えた男女745人の回答を分析したところ、1年目に「管理職を目指したい」「どちらかというと目指したい」と答えた女性は64.7%だったが、2年目には44.1%まで低下した。一方、男性は1年目、94.1%と極めて高く、2年目に85.2%に落ちるには落ちたが、意欲はなお高い上、落ち方も女性の半分ほどだった。

 管理職志向のない女性に理由(複数回答)を尋ねたところ、「仕事と家庭の両立が困難になる」(64.4%)▽「自分には能力がない」(45.8%)▽「責任が重くなる」(32.2%)▽「もともと長く勤める気がない」(20.3%)などだったという。

 結果からは、女性は入社時点ですでに管理職志向が男性より低く、さらに、働き始めてわずか1年間でさらにその意欲を男性以上に失うことが読み取れる。

 こんな結果に対して、ネットでは「女性活躍といっても、本人たちにやる気がない」などの反響が見られた。でも、管理職志向の有無って、本当に本人のやる気だけの問題なのだろうか。

 そこで、知り合いのつてをたどったり、企業の協力を受けたりしながら、出身大学や業界に偏りが出ないように、「入社2年目」の女性17人に話を聞き、入社1年目と現在で管理職への意欲がどう変わったかをアンケート調査してみた。

 さらに管理職志向の変化に着目し、「あり→なし」派(3人)、「なし→あり」派(4人)、「あり→あり」派(4人)、「なし→なし」派(6人)の4グループに分けたのが、「入社2年目の本音アンケート」の結果だ。

>>2以降に続きます

7/17(月) 10:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000000-maiall-soci
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/07/17/20170717ddm003010032000p/9.jpg

新着レスの表示
レスを投稿する